スポンサード リンク

和布刈神社の風景

和布刈神社の入り口

和布刈神社の入り口

 

 

和布刈神社のそばを船が通る

神社のそばを船が通る

 

 

和布刈神社の本殿

和布刈神社の本殿

 

 

和布刈神社看板その一

和布刈神社

九州最北端に位置するこの神社は、社記によると仲哀天皇九年にヒメノオオカミ、ヒコホホテミノミコト、ウガヤフキアエズノミコト、トヨタマヒメノミコト、アスミイソラノカミの五柱の神を祭神として創建され、江戸時代までは、速戸社とか隼人社と呼ばれていました。

 

近世末までは、時の領主である大内氏、毛利氏、細川氏、小笠原氏の崇敬庇護厚く、神殿前には細川忠興公が寄進した灯籠があります。

 

この神社には古くから和布刈神事が伝えられていますが、李部王記によれば、和銅三年(710)に和布刈神事のわかめを朝廷に献上したとの記録があり、奈良時代から行われてたものです。

 

神事は、毎年旧暦大晦日の深夜から元旦にかけての干潮時に行われます。三人の神職がそれぞれ松明(たいまつ)、手桶、鎌をもって海に入り、わかめを刈り採って、神前に供えます。

 

わかめは、新年の予祝行事として昔から重んじられてきたものです。

 

神事のうち、わかめを採る行事は、県の無形民俗文化財に、また、当神社に伝承する中世文書九通は、市の有形文化財に指定されています。

 

和布刈神社の看板より

 

鳥居の外が海の和布刈神社

下関市と北九州市を結ぶ関門橋がすぐ上に

 

 

夕方の和布刈神社

 

 

和布刈神社看板その二

謡曲「和布刈」と和布刈神事

ここ和布刈神社では、毎年十二月晦日寅の刻(午前四時)に神官が海中に入って水底の和布(わかめ)を刈り、神前に供える神事がある。

 

今日はその当日なので、神職の者がその用意をしていると、漁翁(竜神)と海士女(天女)とが神前に参り「海底の波風の荒い時でも、和布刈の御神事の時には竜神が平坦な海路をお作りなさるから出来るのである」と神徳をたたえて立ち去った。

 

やがて竜女が現れて舞い、お気から竜神も現れて波を退け、海底は平穏になった。

 

神主が海に入って和布を刈終わると波は元の如くになり、竜神は竜宮に飛んで入る。

 

神前へ御供えの最後も早い方法で朝廷へ奉じられた。史実に現れたのが元明天皇和銅三年ですので、それ以前神社創建時より御供えとして用うる為神事が行われていたと思われます。

 

和布刈神社内看板「謡曲史跡保存会」より

 

和布刈神事でここからわかめを採りにいくのでしょうか

ここからわかめを採りにいくのでしょうか

 

2019年2月撮影

和布刈神社の祭神

和布刈神社へのアクセス

福岡県北九州市門司区門司3492

 

和布刈神社公式サイトへ
スポンサード リンク


あなたの絵(イラスト)をこのサイトに掲載しませんか?