埴安神のご利益と神社

波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)・波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)

 

名称
古事記

波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)
波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)

日本書紀
埴安神(はにやすのかみ)
別称

埴山彦神
埴山姫神

神格
土の神 陶器の神 肥料の神
ご利益
開梱守護 製陶業守護 土木業守護 農業守護
子宝 安産守護
関連神
  • 生み神:イザナミノミコト

 

500円からできるメール占い。誰にも知られずあなたの不安や悩みを相談できます。

埴安神はどんな神さま?

埴安神は「波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)」と「波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)」の総称。『古事記』によるとハニヤスビコ神とハニヤスビメ神は、イザナミ神が火傷で病床についている際に生まれた神さまです。

 

神名の「ハニヤス」とは埴粘(はにやす)のこと。土器や瓦などの材料となる赤土の粘土を表す古語であり、埴輪(はにわ)の「ハニ」と同意です。「ハニ」は「ホニ」からきたもの考えられており、神聖な力を宿した「ニ(泥)」。つまり、神に捧げる神器や祭具を作るためにとくに練り込まれた粘土という意味があります。

 

こうしたことから、土器などの製作に関わる粘土の神、また『日本書紀』に「土神を埴安神と号す」とあるように、粘土に限らず土一般の神とされます。土と関係の深いハニヤスビコ神とハニヤスビメ神は粘土(大地)の神であり、農業・製陶業・造園業・土木業などの分野において重要な神とされています。

 

田植えをする神々の中に働く二柱の姿が書かれており、ハニヤスビコ神とハニヤスビメ神が大地や農業に関係していることを示しています。

 

『日本書紀』の第三の一書には、ハニヤスビコ神の名が出てきません。病床にふせっていたイザナミから、ミズハノメ神とともに土の神の埴山姫(はにやまひめ)が生まれたと記されています。第四の一書によれば、イザナミ神の大便から生まれたとあります。

 

イザナミ神が病に伏せているときに生まれた神々

イザナミ神の病によって生まれた神々(古事記)

 

イザナミ神の病床では、ハニヤスビコ神とハニヤスビメ神のほかにも、さまざまな神々が生まれました。

 

嘔吐物から生まれた、金山毘古神(カナヤマビコ)と金山毘売神(カナヤマビメ)。尿から生まれた、弥都波能売神(ミズハノメ)と、和久産巣日神(ワクムスヒ)。和久産巣日神の御子が、五穀豊穣の神として知られる豊宇気毘売神(トヨウケ)となります。

 

ちなみに便から生まれたことから、ミヅハノメ神と共に厠神(トイレの神さま)とされることもあるようです。

埴安神が祀られる神社

磐椅神社 福島県耶麻郡猪苗代町西峰6199
赤城神社 群馬県前橋市富士見町赤城山4-2
榛名神社 群馬県高崎市榛名山町849
穂見諏訪十五所神社 山梨県北杜市長坂町長坂上条宮久保1461
越敷神社 新潟県佐渡市猿八289
大井神社 静岡県島田市大井町2316
愛宕神社 京都府京都市右京区嵯峨愛宕町1
賀茂波爾神社 京都府京都市左京区高野上竹屋町36
迩幣姫神社 島根県大田市長久町土江1

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年11月05日(金)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日11月04日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら