日本全国の神社

北海道地方

 

北海道

 

 

東北地方

 

青森県

 

岩手県

 

宮城県

 

秋田県

 

山形県

 

福島県

 

 

関東地方

 

茨城県

 

栃木県

 

群馬県

 

埼玉県

 

千葉県

 

東京都

 

神奈川県

 

 

中部地方

 

新潟県

 

富山県

 

石川県

 

福井県

 

山梨県

 

長野県

 

岐阜県

 

静岡県

 

愛知県

 

 

近畿地方

 

三重県

 

滋賀県

 

京都府

 

大阪府

 

兵庫県

 

奈良県

 

和歌山県

 

 

中国地方

 

鳥取県

 

島根県

 

岡山県

 

広島県

 

山口県

 

 

四国地方

 

徳島県

 

香川県

 

愛媛県

 

高知県

 

 

九州・沖縄地方

 

福岡県

佐賀県

 

長崎県

 

熊本県

 

大分県

 

宮崎県

 

鹿児島県

 

沖縄県

 

日本全国の神社|管理人が詣でた神社紹介記事一覧

猿田彦三河神社の手前800メートル地点手水舎拝殿拝殿前を一周した動画猿田彦三河内の案内板猿田彦大神は、国土開発の祖神として、人間として歩む道を教え導かれた最初の大神です。天照大神の御孫瓊々杵命の天下りされる際、天の八ちまたに出迎えられ、つつがなく日向の高千穂の嶺にご案内された神であり、また、天照大神を祀る皇大神宮の聖地を伊勢の五十鈴の川上に定められた神である。肇国(ちょうこく)の礎をなした大神は、...

宇佐神宮の説明書き宇佐神宮は全国八幡宮の総本宮勅祭(ちょくざい)の大社であり、歴代天皇は伊勢の神宮につぐ宗廟(そうびょう)、我朝(わがちょう)の太祖として御崇敬になられています。また私たちの祖先は各地に宇佐の八幡宮をお迎えして、氏神や鎮守のお社としました。神代に三神の比賣大神がご降臨になったこの宇佐の地に、約千四百年前に欽明天皇三十二年、応神天皇のご神霊がはじめて八幡大神としてあらわれになり、各地...

参道参道沿いの池拝殿拝殿青空と拝殿境内中央にある舞殿境内の日陰から(2018年11月撮影)三嶋大社の本殿、幣殿、拝殿、舞殿、神刻について境内の立て札立て札の内容三嶋大社の創建は明らかではありませんが、鎌倉時代(1192年~1333年)初期には関東総鎮守として源頼朝や奥の武将の尊崇を受けた名社です。一遍聖絵の社頭と現在のそれとではかなり異なり、焼失記録をみると、文永5年(1268年)と永仁4年(12...

和布刈神社の入り口神社のそばを船が通る和布刈神社の本殿和布刈神社九州最北端に位置するこの神社は、社記によると仲哀天皇九年にヒメノオオカミ、ヒコホホテミノミコト、ウガヤフキアエズノミコト、トヨタマヒメノミコト、アスミイソラノカミの五柱の神を祭神として創建され、江戸時代までは、速戸社とか隼人社と呼ばれていました。近世末までは、時の領主である大内氏、毛利氏、細川氏、小笠原氏の崇敬庇護厚く、神殿前には細川...

幣立神宮の駐車場前幣立神宮の入り口幣立神宮の階段幣立神宮の由緒幣立神宮・由緒大日本史に見える知保の高千穂嶺が当宮の所在地である。筑紫の屋根の伝承のように、神殿の落ちる雨は東西の海に注いで地球を包むので高天原日の宮の伝承をもつ国始めの尊宮である。古来天神地祇を祭った神籬(ひもろぎ)は、日本一の巨桧(きょひ)として厳存する。神武天皇のご発輦(はつれん)の原点で、皇孫健磐龍命(こうそんたけいわたつのみこ...

どんつく神社の正面正面左の絵正面右の絵ご立派な御神体鳥居の裏から境内から見える海どんつく祭の由来「どんつく祭りの」由来二千年前よりこの地に伝わる夫婦和合、子孫繁栄、無病息災を神に祈願する祭りです。神社に奉納された性器を模したご神体が陰の神社に和合するまでの催しが行われます。毎年六月に盛大に行われる全国でも類をみない奇祭です。どんつく神社の絵馬稲取竜宮岬公園内にある神社立派な御神体を間近でみることが...