スポンサード リンク

石凝姥命のご利益や特徴

 
『別称』
  • 伊斯許理度売命
  • 石凝戸邊命
『神格』
  • 金属加工の神
  • 鍛冶の神
『ご利益』
  • 鉄鋼・金物業の守護
  • 産業開発
  • 延命長寿
 

スポンサード リンク

石凝姥命について

三種の神器の1つ「八咫の鏡」を作った神

イシコリドメ命は鏡づくりの神で、指物工芸の守護神としても崇敬されています。いかにも固そうな名前のこの神様は、三種の神器の1つ「八咫の鏡」を作った神様とされます。この鏡は、神社の御神体とされている鏡のルーツにあたります。

 

天岩戸神話には、隠れたアマテラス大神を誘い出すための祭りで、この神が作ったと語られています。また、イシコリドメ命は天香具山でとれた金を用いて「日矛(ひぼこ)」を作ったともされます。日矛というのは太陽神の寄り代としても用いられる祭具です。

 

天孫降臨神話にも登場し、児屋命(あめのこやね)・太玉命(ふとだま)・天鈿女命(あめのうずめ)・玉祖命(たまのおや)と五伴緒の1人としてニニギに随伴したとされます。

 

この神さまの名前の「石凝」というのは、石を材料とした鋳型に溶鉄を流し込み、凝固させて鏡をつくるという作業から連想されたそうです。このことからこの神はさまが銅鏡、銅矛の製造を職業とした金工の祖先神と考えられているそうです。

 

神聖な祭具を作り出す金工の技能は、霊妙な神の力を感じます。そうした職能の霊的な力を神格化したのがイシコリドメ命とされます。

青銅器の製造を司る神

鏡は日の神の寄り代であり、農耕祭祀における非常に重要な祭具だったとされます。中国では古くから銅鏡は悪霊を退ける力があると考えられ、古墳時代の日本でもそうした信仰があったされます。。実際、大型古墳から出土する銅鏡の殆どは宗教祭祀に使われていたそうです。

 

銅鏡や銅矛というのは青銅器時代のもので、やがて大陸から製鉄技術が伝わると鉄器にとってかわられていくこといなります。つまり、イシコリドメ命はもともと青銅器の神で、鉄の普及とともに登場した他の鍛冶や金属加工の神々より、さらに古い神とも考えられます。

石凝姥命を祀る神社

 
鏡作坐天照御魂神社

奈良県磯城郡田原本町大字八尾字ドウズ814

鞴(ふいご)神社

大阪府大阪市天王寺区生玉町13

日前神宮・国懸神宮

和歌山県和歌山市秋月365

荒石比古神社

石川県七尾市川尻町チ1甲