スポンサード リンク

玉祖命のご利益や特徴

 
『別称』
  • 天明玉命(あめのあかるたまのみこと)
  • 羽明玉命(はのあかるたまのみこと)
  • 櫛明玉神(くしあかるたまの神)
『神格』
  • 玉造りの神
『ご利益』
  • 宝石業守護
  • 眼鏡業守護
  • カメラ・レンズ業守護
  • 技術向上
 

スポンサード リンク

玉祖命について

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)をつくった神

アマテラス大神の天岩戸神話にでてくる祭具の1つ「八尺瓊勾玉」。タマノオヤ命はこれをつくった神とされます。『古事記』の天岩戸神話では、この神が作った八尺瓊勾玉が太玉串に飾られて大神に捧げます。その後、天孫降臨のときに大神からニニギ尊に八咫の鏡と一緒に授けられ、地上の統治権を象徴する三種の神器の1つになりました。

 

曲玉は、古代においては鏡と同様に神の依代と考えられており、主に祭具として用いられていました。

 

タマノオヤ命を祀る山口県防府市の「玉祖神社」の社伝によると、高天原からニニギ尊に随伴して日向に降りたタマノオヤ命は、のつに周防国(山口県)にやってきて玉祖神社の地に住み、中国地方一帯を統治したとされるそうです。

出雲玉つくり職人の守護神

『古語拾遺(こごしゅうい)』には、「櫛明玉神(※タマノオヤ命の別称)は出雲国の玉作りの祖神である」と記されています。

 

玉造の地名が残る島根県八束郡玉湯町は、古代出雲の玉造部の居住地でした。曲玉の材料であるメノウ、碧玉、水晶の産地でもある花仙山の麓には玉造遺跡もあり、各種の玉類や砥石などが数多く出土しています。

 

その近くにある玉作湯神社は『出雲風土記』、『延喜式』などにも載っている古社です。伝承では、スサノオ尊がアマテラス大神に献上した八尺瓊勾玉は、そもそもクシアカルタマ命がスサノオ尊に送ったものとされます。また、玉造遺跡の近くには、クシアカルタマ神の墓と伝えられる玉造築山古墳などもあるそうです。

玉祖命を祀る神社

 
玉祖神社

大阪府八尾市神立5丁目5

玉諸神社

山梨県甲州市塩山竹森3048

石作玉作神社

滋賀県長浜市木之本町千田793

玉祖神社

山口県防府市大崎1690

玉作湯神社

島根県松江市玉湯町玉造522