スポンサード リンク

天目一箇命(あめのまひとつのみこと)のご利益や特長

 
『別称』
  • 天之麻比止都禰命
『神格』
  • 山の神
  • 火の神
  • 金工の神
  • 鍛冶の神
『ご利益』
  • 金属工業
  • 農業
  • 漁業
  • 眼病守護
 

スポンサード リンク

天目一箇命について

 

 

日本の金属文化の源流

「目が一つ」というユニークな名前を持つアメノマヒトツ命は、アマテラス大神の子のアマツヒコネ命を父に持つ鍛冶の神さまです。

 

『古事記』の天の岩戸神話では、隠れたアマテラス大神を誘い出すための祭りに使う刀剣類や斧、および鉄鐸さなぎ(鉄生の大きな鈴)を作った作金者かなだくみ(金属の細工をする職人のこと)として、この神は鍛人天津麻羅(かぬちあまつまら)と呼ばれています。

 

その後、天孫降臨のときにニニギ尊に同行して地上に降り、鍛冶の祖神になりました。地上に鍛冶の技術をもたらしたアメノマヒトツ命は、日本の金属文化の源流に関わる神さまとされます。

 

鍛冶の神の発生は、人間が金属を精錬し、それを道具として生活に利用するようになった金属文化の発展にともなうものです。

 

鉄が作られるようになると、原料の砂鉄を溶かす灼熱の火に対する独自の信仰が生まれ、製鉄の炉や鍛冶の技術をつかさどる神霊を職能神として祀るようになりました。

 

古来、製鉄・鍛冶業にたずさわる人々は、その作業場に鍛冶の祖神を祀り、朝夕の出入りのたびに、身の安全と稼業の繁栄を祈願する習わしがありました。その神がアメノマヒトツ命であり、今日では金属工業の守護神として広く信仰されています。

 

一つ目の妖怪の親戚?

日本の神々のなかでもアメノマヒトツ命は、非常に個性が明確です。「目が一つ」という特異なイメージは、容易に一つ目の妖怪を連想させます。

 

民間伝承には、一眼一足の怪異な姿をした山の神の話が多く伝わっています。それについては民族学者・柳田国男の『一目小僧その他』が詳しいですが、その一つに紀伊国(和歌山県)熊野の山中に住む片目片足の「一本ダタラ」という妖怪がいます。

 

その呼び名から山の神とアメノマヒトツ神が結びつけられています。タタラは踏鞴と書き、古代の製鉄所のことです。そこからこの片目片足の妖怪は、かつて山中のタタラで働いていた鍛冶集団が祀った山の神と深い関係があると考えられています。

 

鍛冶の神が一つ目である理由

一つ目の鍛冶の神の神話伝承は、日本に限らず世界的に広く存在します。たとえば、ギリシア神話に登場するゼウスの雷電を鍛造(たんぞう)したキュクロプス、アイルランドの伝承に登場するバロールなどはいずれも一眼の巨人で、やはり鍛冶の始まりに関係しています。それにしてもなぜ一つ目なのでしょうか。

 

これといった定説はありませんが、有力なものとして、鍛冶職人が鉄を鍛えるときに片目を閉じて作業をするからだという説。あるいはまた、昔のタタラ師は炉の火色を片目で見て温度を判断して精錬を行なったことと関係があるという説があります。

 

タタラ師が片目で見るのは、そのほうが色を正確に識別できるからだそうです。

 

御神体が蛇体の台風神

三重県桑名市の多度大社の別宮として一目連社(いちもくれんしゃ)があります。名前からも分かるように祭神はアメノマヒトツ命で、その御神体は蛇体(じゃたい)だといいます。

 

中部地方では「つむじ風」のことを一目連(一目龍からの転訛てんかといわれる)と呼び、突然やって来て暴れることから神風と恐れられました。一つ目の暴風といえば台風がイメージされます。

 

昔からこの地方では洪水・暴風のときに一目連神が危難を防いでくれると信じられ、台風の神として祀られてきました。

 

多度大社は、金属工業の守護神としても篤い信仰を受けていますが、同時に古くから風・水・火難除けの信仰があり、農漁業守護に霊験ありとされています。古代の農民は、太陽を一つ目とみて農耕の守護神である雨の神(龍蛇信仰=雷神)を結びつけたのでしょう。

 

なお、アメノマヒトツ命は、一つ目の特徴にちなんで眼病の守護神とされたり、民間信仰のヒョット(火男)や、各地に残る鎌倉権五郎影政(かまくらごんごろうかげまさ)の片目伝説との結びつきが考えられています。

天目一箇命を祀る神社

 
多度大社別宮・一目連社

三重県桑名市多度町多度1681

伊須流岐比古神社

石川県鹿島郡中能登町石動山

竹田神社

滋賀県東近江市鋳物師町1020

鞴神社

大阪府大阪市天王寺区生玉町13

天目一神社

兵庫県西脇市大木町648

金屋子神社

島根県安来市広瀬町西比田