スポンサード リンク

天手力男命のご利益や特徴

 

別称

  • 天手力雄命
  • 手力雄命

神格

  • 力の神
  • 技芸の神

ご利益

  • 技芸上達
  • 五穀豊穣
  • スポーツ上達
  • 開運招福
  • 災難・厄除け
 

スポンサード リンク

天手力男命はどんな神さま?

「天上界でもっとも手の力が強い男」という名前を持つアメノタヂカラオ命は、天岩戸の扉を開けてアマテラス大神の手を引いて導き出し、この世に太陽の光を復活させた神さまです。神話で太陽神アマテラスの手を引いたことにちなんで、名前に「手」が当てられていますが、力の神としての基本的な性格は、人間の肉体の筋力に宿る霊の神格化と考えられます。強力な引き締まった肉体をもちたいという願望は、永遠に人間が持ち続ける夢です。それを表現しているのがスーパーマンやアニメのキャラクターであり、この神さまにはそうしたあこがれが反映されています。

 

神話の中では怪力のイメージばかりが先行しますが、この神さまは一般的にスポーツの守護神としても信仰を集めています。筋力を鍛え、それを生かす技術を含めた力を与えてくれる神さまでもあるということです。

 

立山や戸隠の山岳信仰とも関係している神さま

『古事記』によると、天岩戸に隠れたアマテラス大神が、アメノウズメ命を中心とする大勢の神々の大騒ぎに心を惹かれて顔をのぞかせたとき、扉の脇に控えていたアメノタヂカラオ命が大神の手を取り外へ導いた。その後、天孫降臨の際に、諸神と共に地上に降り、佐那那県(さなながた)に住んだと言われます。また、アメノタヂカラオ命を祀ることで有名な長野県上水内郡の戸隠神社には、この神の強烈な力を示す伝承があります。それによると、天岩戸の扉を開けたアメノタヂカラオ命はその扉を「エイっ」と放り投げると、ものすごい地響きをたてて地上に落下して戸隠山になったといわれます。それで「ここが私の住むところである」と決め、天孫降臨に随伴して九州に降りると、紀伊(和歌山県)を経て戸隠にやってきて定住してとされます。

 

また、この神さまは富山県の立山信仰の神さまとしても祀られています。江戸時代の図書百科事典の『和漢三才図会』によると、立山山頂に鎮座する峰の本社の本尊は、阿弥陀如来と不動明王であるとし、そのまたの姿(垂迹したかたち)がそれぞれイザナミ命とアメノタヂカラオ命であると述べられています。立山は昔から神の住む山と信じられてきた山で、そこには立山権現とも呼ばれる雄山神社が祀られています。同様に戸隠神社も山岳信仰に発する神社で、中世以降の修験の道場だったところとされます。以上のことで、この神が山岳信仰の発するいわゆる霊山と呼ばれる場所と深く密接している性格を持っていることがうかがえます。

 

異界とこの世の境を守る神

日本には、古くから山中他界の観念があり、のちに仏教の地獄思想が結びついて、平安時代以降の山岳信仰が形成されます。そのなかで、人々に霊山として神聖視されてきた山岳は、地獄と浄土の堺、つまり異界との境界領域とも言えるミステリーゾーンと考えられていました。本来、神霊の宿る場所であり、しかも異界とこの世の出入り口といえば、アメノタヂカラオ命が怪力によって引き開けた天岩戸を思い浮かべることは容易です。その事跡を重ね合わせて考えれば、この神は異界との境界にあって、この世に幸福をもたらす神さまであると考えることもできます。

 

力強くて雄壮な神楽の主役として人気

剛力のイメージをもつアメノタヂカラオ命は、昔から庶民に人気があり、日本の各地に伝わる神楽のなかにこの神さまの姿を見ることができます。たとえば、全国的にも有名な宮崎県高千穂町の夜神楽には、アメノタヂカラオ命が主役となって舞う「戸取舞(ととりのまい)」という演目があり、神話にもとづいた力感的で雄壮な舞に人気があります。アメノタヂカラオ命は、アマテラス大神を天岩戸から引き出した功績にちなんで、伊勢神宮の内宮の相殿に祀られていると『皇太神宮儀式帳』に記されているそうです。

天手力男命を祀る神社

 
伊勢神宮内宮(相殿)

三重県伊勢市宇治館町1

船橋大神宮

千葉県船橋市宮本5-2-1

湯島神社

東京都文京区湯島3-30-1

戸隠神社

長野県長野市戸隠3506

手力雄神宮

岐阜県岐阜市蔵前6-8-22

佐那神社

三重県多気郡多気町仁田156

安賀多神社

延岡市古川町327