スポンサード リンク

八意思兼命のご利益や特徴

 

別称

  • 思兼命
  • 天八意思兼命

神格

  • 文神
  • 知恵の神

ご利益

  • 家運隆昌
  • 出世開運
  • 技術向上
  • 学問・入試合格
  • 木工職人守護

関連神

 

スポンサード リンク

八意思兼命について

日本一物知りの神さま

ヤゴコロオモイカネ命は、高天原の最高司令神とされるタカミムスビ神の子で、天岩戸神話や国譲り神話で知恵を駆使して解決に導いた神さまです。

 

名前の「「ヤゴコロ」とは、いろいろな立場から考えるという意味であり、「カネ」は兼務・兼任に使われる兼で、1人で2つ以上のことをこなすという意味です。本居宣長は『古事記伝』で思兼について「数人の重慮る智を一の心に兼持てる意なり」と解釈しています。要するにヤゴコロオモイカネ命は、数多くの人間がもつ思慮分別の知恵を一身に結晶させているということです。

 

「三人寄れば文殊の知恵」という諺があります。凡人でも三人集まって相談すれば考えが浮かぶという意味ですが、そもそもは文殊菩薩が三人分の知恵を兼ね備えているということでもあります。一身に知恵を集約するという点では、ヤゴコロオモイカネ命も文殊菩薩も本質的に同じ性格と言えます。実際に今日では、学問上達、受験合格祈願の神として人気があるところが共通しています。

 

天岩戸の前で計算しつくされた祭祀を演出

知恵というのは知識や経験を実践的に活かす能力といえます。この能力を存分に駆使しるヤゴコロオモイカネ命は、現在で言えば企画力とアイデアに優れたプロデューサーと重なります。

 

天岩戸に隠れたアマテラス大神を誘い出すイベントを企画して見事に成功させたり、オオクニヌシ命から地上の支配権を譲渡させる国譲り、さらには地上の統治を行うための天孫降臨といった高天原の重大事には作戦参謀的な位置で登場します。その才能を遺憾なく発揮して諸事万端に治めるという偉大な知恵の神さまなのです。

 

天岩戸神話では、スサノオ尊の乱暴に怒ったアマテラス大神が、天岩戸に隠れてしまうと、世界は暗雲に包まれ、天地の悪霊が騒ぎ出しあらゆる天災が起こりました。この緊急事態に集まった大勢の神々は知恵者であるヤゴコロオモイカネ命に対策を講じさせることとなりました。そこでヤゴコロオモイカネ命が企画したのは、盛大な祭りのイベントでした。

 

まず常世の国の長鳴鶏を鳴かせ、鍛冶と玉造り神に鏡や玉を作らせ、それを飾った立派な玉串を制作。そしてイベントを最高に盛り上げるがアメノウズメ命のダンスで、最後の仕上げがアメノタヂカラオ命の力技ということになります。

 

神器として欠かせない鏡や玉の制作、神祭りの重要な祭具である玉串の考案、神をたたえる儀式の演出、そして神楽の源流と言われる舞踏ショー。これら一つ一つが後の様々な産業や芸能文化の源流となったことを考えると、ヤゴコロオモイカネ命は優れたクリエイターだったと言えます。

 

人が理想とする叡智を極めた神

さらに国造り神話で国土平定に知恵を働かせたのち、ヤゴコロオモイカネ命は天孫ニニギに随伴して天下り、アマテラス大神から「私の御魂として鏡を祀れ」と命じられたとされます。これらヤゴコロオモイカネ命の働きから見ると、日本の神々の大多数を占める自然神とはかなり違う性質を持っていることがわかります。

 

自然神と区別する場合、ヤゴコロオモイカネ命のような存在は「観念神」といわれます。観念神というのは人間の観念や霊の働きといった力を神格化したものと考えられます。古代社会では自然の摂理をよく理解し、経験を積んだ長老の知恵こそが、平和な生活を営んでいくための大事な要素でした。

 

人々はその知恵の力に畏敬の観念を持ち、やがて長老がもつ知恵を集積した霊的存在を1つの理想像としてイメージするようになりました。このように人間が理想とする叡智を究めた姿を神格化したのがヤゴコロオモイカネ命とされます。

八意思兼命を祀る神社

 
戸隠神社

長野県長野市戸隠3506

秩父神社

埼玉県秩父市番場町1-3

地主神社

京都府京都市東山区清水1-317

 
スポンサード リンク