スポンサード リンク

天児屋根命のご利益や特徴

 

別称

  • 天之子八根命

神格

  • 言霊の神
  • 祝詞の祖神
  • 出世の神

ご利益

  • 国家安泰
  • 学業成就
  • 開運厄除
  • 諸願成就
  • 受験・入試合格

関連神

  • 孫神:天種子命
 

スポンサード リンク

天児屋根命はどんな神さま?

祝詞の祖神

アメノコヤネ命は、天岩戸神話に登場する神々の一神であり、祝詞の神さまと言われています。『日本書紀』には中臣氏(後の藤原)の遠祖で、言霊の神のコゴトムスビ神の子とあります。一般には藤原氏の氏神を祀る春日大社の祭神として知られる神さまです。

 

神社の祭礼や地鎮祭などの儀式の時に神主が神前で奏上することを祝詞と呼ばれ、これは神さまを祝福する言葉です。もっと簡単に言えば、神のはたらきに感謝し称賛する言葉を申し上げ、さらなる幸運をもたらしてくれることを願う行為でもあります。

 

これは、今日的な解釈であり、本来の祝詞というのは、祭祀などの宗教儀礼に場で神霊に憑依された人が、神の意思を伝える時の呪力のある言葉だったそうです。つまり、神の方から一方的に託宣する意味合いが強かったのです。それに対して祝詞の中の「寿詞(よごと)」と呼ばれるものがあり、これは人側が祈願が成就したことを感謝して神の力を称えるという意味合いが強いことから今日の祝詞の意味に近いです。

 

いずれにしても祝詞というのは、人間と神のコミュニケーションをする手段と考えられます。

 

天岩戸の前で祝詞を奏上

アメノコヤネ命は、アマテラス大神が隠れた天岩戸の前で、アメノフトダマ命とともに諸神を集めて祭りをおこないました。その際に鹿の骨を焼いて卜占をした後、アメノフトダマ命が玉と鏡と弊を付けた立派な玉串を捧げ持ち、アメノコヤネ命が太祝詞(太とは立派の意味)を唱えました。それを聞いたアマテラス大神がそのみごとな表現に大いに喜んだとされます。

 

アマテラス大神の偉大さや美しさを目一杯褒め上げて気分をよくさせて、岩戸から出てくるように、その心を動かそうとしたのです。結果、アメノウズメ命のダンスなど神々の力を合わせて無事にアマテラス大神を岩戸から出すことに成功します。

 

言霊信仰のルーツ

天岩戸の前でアメノコヤネ命が、祝詞を奏上する場面は、言霊信仰のルーツとも言われています。言霊というのは言葉のもつ神秘的な力と働きに宿る神霊のことです。言霊は呪力を持ち、人の心を動かし、さまざまな現象となって現れます。それは良いことも悪いこともです。なので言葉そのものには吉凶をもたらす力があると考えるのが言霊信仰で、祝詞は強い言霊ということになります。言葉を駆使する者は天地を動かすことができると言ったら大げさですが、要するに言葉をしゃべると、その言霊の力によって物事が支配され吉凶の結果が生じるということです。

 

藤原氏の祖神

アメノコヤネ命は天孫降臨で地上に降りてからは、主に祭祀を司る神さまとして活躍しました。とくに古代の有力氏族である中臣氏(のちの藤原氏)の祖神として信奉されたことによって重要な役割を果たしました。「中臣」とは神と人との間を取り持つという意味で、中臣一族は宮廷の神事を統括して、政権の中でおおきな影響力をもっていたとされます。

 

この神さまを祭神とする古社の1つに東大阪市の平岡神社があります。その社伝によると、神武天皇が大和に建国したときに、侍臣の天種子命(アメノコヤネ命の孫で後の藤原氏の祖神)に命じて、アメノコヤネ命を祀らせ、国土平安を祈願したのが始まりと記されているそうです。のちに藤原氏によって春日大社に勧請され、春日神に列したことから、同社は元春日とも呼ばれています。

天児屋根命を祀る神社

 
枚岡神社

大阪府東大阪市出雲井町7-16

春日大社

奈良県奈良市春日野町160

大原野神社

京都市西京区大原野南春日町1152

蜂田神社

大阪府堺市中区八田寺町230

五社神社

静岡県浜松市中区利町302-5

鹿島神宮

茨城県鹿嶋市宮中2306-1