アメノウズメはどんな神さま?描かれる姿とご利益&神社紹介

アメノウズメ

天宇受売命(Art Mochida Daisuke

アメノウズメとは?

日本神話に登場する女神。芸能の神格を持つ日本最古の踊り子であり、神楽や俳優といった日本芸能の祖神とされます。巫女的な性格を備え、宮廷祭祀に関わる猿女君(さるめのきみ)の祖ともされます。ご利益は技芸上達、縁結びなど。神話の中でも刺激的な内容が多く、日本の女神の中でも有名な存在です。

名称

天宇受売命(アメノウズメノミコト)
天鈿女命(アメノウズメノミコト)
猿女君(サルメノキミ)
大宮売神(オオミヤノメノカミ)
大宮能売命(オオミヤノメノカミ)
宮比神(ミヤビノカミ)
鈿女命(ウズメノミコト)
名婦殿(ナフドノ)
おかめ様(オカメサマ)

神格
芸能の神 芸術の神 舞楽の神
俳優の神 鎮魂の神
ご利益
舞踊・ダンス上達 縁結び 夫婦和合
交通安全 五穀豊穣 武芸全般守護
関連神
金運が元気になるお守り【月20個限定】

 

アメノウズメと関わりのある神々

踊りで世界を救った女神

天岩戸神話の天照大御神「春斎年昌」画

出典:天岩戸神話の天照大御神「春斎年昌」

 

天岩戸神話では、岩戸に隠れたアマテラス大神を外に誘い出すために、岩戸の前に集まった大勢の神々の前で踊ります。伏せた空桶の上に立ち、激しく桶の踏み鳴らし、次第にボルテージを上げ、やがて胸をはだけ、腰の紐をほどいて熱狂的な踊りを披露します。

 

すると多くの神々は大きな笑いと歓声を上げ、岩戸の前は大変楽しくにぎやかな雰囲気に満ちました。その騒ぎが気になったアマテラス大神が外を除いたところ、アメノタヂカラオ命が手を引いて外に導いたことで世界に太陽の光が戻ったとされます。

 

この時に披露した踊りが、今も神前で行われる神楽(かぐら)の原型とされています。『日本書紀』には「巧みに俳優をなし」と記され、日本芸能のルーツとされる女神です。

日本芸能の祖神

アメノウズメ命の画像

 

アメノウズメ命の踊りは、神前で舞を奉じる神楽の始まりとされています。神楽の語源は「神座(神が宿る場)」であるといわれ、神を招き、降臨してきた神を歓迎し祝福するために神座において踊りを捧げることを意味します。

 

同時に神楽には神の心を楽しませ和らげる「神遊び」という意味も含まれているそうです。そこから派生して日本の様々な芸能が生まれたことからアメノウズメは日本芸能の祖神とされています。

 

また、『古事記』や『日本書紀』に「俳優なして」と記されていることから、俳優のルーツともいわれています。「わざ」とは神のわざ(所作・行為・技)のことで、簡単に言えば神がのり移ったような振る舞いを指します。

 

その振る舞い(所作)には、アメノウズメ命が卑猥な演技で神々を笑わせたように、古くから道化、滑稽というものがその中心的な要素として含まれています。さらに「おぎ」は招くという意味で、つまり「俳優」とは、神霊を招いて面白おかしく振る舞いを演じ、なぐさめ、楽しませることをいいます。

神々と交信する巫女

アメノウズメ

出典:天宇受売命「日本の神々辞典」

 

天岩戸神話は鎮魂祭(ちんこんさい)の起源を語るものとも考えられています。鎮魂祭とは、太陽の活力の再生と天皇の遊離した魂を取り戻すことによって、世の中の平安を祈願する儀式です。

 

天岩戸の前で神懸りした踊りでアマテラス大神の関心を開き、心を開かせ、活力を取り戻させる。その際に大神と会話を交わすアメノウズメ命の姿は、シャーマン(巫女)が恍惚状態になって、神と交信する様子を映したものと考えられます。神事において神懸りして神と同一化したり、神の言葉を交わす役目をする女性といえば巫女です。

 

ウズメという名前について様々な解釈がありますが、有力なものに「ウズ」とは神事の際に頭に挿す枝葉や花を意味する「挿頭(かざし)」からきているという説があります。この場合は枝葉や花は、神霊を招き宿らせる一種の寄り代の機能をもつものと考えられます。そこから、ウズメとは「神事における特別な役割をする髪飾りを挿した女性」をさすことになり、それに該当するのが神に奉仕する巫女です。

サルタヒコとの出会い

サルタヒコとアメノウズメ

出典:「椿大神社」

 

天岩戸の前での活躍の後、アメノウズメ命はアマテラス大神の側近として奉仕し、その心を慰める役目を果たしました。その後『天孫降臨』でニニギと一緒に天下る五柱の神(五伴緒)の一柱として随行して地上に降ることになりました。その途中の天八衢(あまのやちまた)で赤い目を輝かせた神がニニギ尊一行の前に立ち塞がります。

 

この時、アメノウズメはアマテラス大神と高木神に「手弱女だが顔を合わせても気後れしない(面勝つ)からあなたが問いなさい」と言われ、アメノウズメはその者の前に立ちはだかり詰問すると、国津神のサルタヒコ命と名乗り、地上からニニギ尊の道案内をするためにここまで迎えに来たと答えます。これが縁となりのちにこの二柱は結婚します。

 

アメノウズメの問いに答えないナマコに悲劇

サルタヒコと結婚してもニニギ尊からの仕事はあります。ある日、アメノウズメは大小の魚を集めて天孫(ニニギノミコト)に仕えるかどうか尋ねました。みな「仕える」と答えた中、ナマコだけが何も答えませんでした。

 

するとアメノウズメはナマコの口を小刀で裂きました。それ以来ナマコの口は裂けているようになったそうです。ナマコにとって沈黙は金ではなかったようです。

宮廷祭祀で踊る猿女君の祖神

結婚後はサルタヒコ命の故郷である伊勢国に住み、宮廷祭祀の鎮魂祭や大嘗祭などに関わる猿女君(さるめのきみ)の祖神となります。猿女君とは、宮廷祭祀において神楽を舞うことを努めとする神祇官の役職名。猿は「戯曲」などと使う「戯る(さる)」に通じ、猿女という呼び名は、とくに宮廷の祭祀のときに、滑稽な俳優を演じる集団につけられてものをいいます。

 

アメノウズメ命の原像と考えられる伊勢を本拠地とした猿女一族は、シャーマニスティックな女性が中心の特殊な霊能力者集団だったようです。彼女らは踊りによって神々を喜ばせ、神々の託宣を聞くという呪力を駆使したとされます。

 

その踊りは非常に熱狂的で官能的だったとされます。だからこそ、女性たちが神懸かりして踊りを神に捧げ豊壌すを祈る姿は、民衆の目には特殊な魔術を駆使する超能力者の集団と写ったことでしょう。アメノウズメとはこういった独特な祭祀祈祷を行う超能力的な巫女集団の霊的パワーの神格化とも考えられています。

 

元来は神事芸能の祖神ですが、あらゆる神々をも魅了する踊りの力が芸能・技芸一般に当てはめられ、舞楽の神、歌舞伎などの演劇の神、俳優の神、その他技芸全般の神として信仰されています。ちなみに三重県の椿大神社の摂社である椿岸神社は、芸能関係者や花柳界からの信仰があります。

アメノウズメを祀る神社

 

札幌伏見稲荷神社 北海道札幌市中央区伏見2-2-17
左倍乃神社 宮城県名取市愛島笠島西台1-4
天鷺神社 秋田県由利本荘市岩城亀田字亀田町10
烏森神社 東京都港区新橋2-15-5
皇大神宮 神奈川県藤沢市鵠沼神明2-11-5
大宮姫神社 群馬県渋川市白井390
鈿女神社 長野県北安曇郡松川村字大仙寺6695-1
糟目春日神社 愛知県豊田市渡刈町北田62-4
湊稲荷神社 新潟県新潟市中央区稲荷町3482
椿岸神社(椿大神社摂社) 三重県鈴鹿市山本町1871
千代神社 滋賀県彦根市京町2-9-33
佐瑠女神社(猿田彦神社境内社) 三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
芸能神社(車折神社境内社) 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
増御子神社 奈良県天理市新泉町306
太老神社 岡山県浅口市金光町上竹2390
賀羅加波(からかわ)神社 広島県三原市中之町5-10-20
多久神社 島根県出雲市多久町274
荒立神社 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井667
三宅神社 宮崎県県西都市三宅3343
満月と新月の日だけに作られる護符

月花殿満月

次回の満月(新月)は2022年9月26日(月)

 

祈祷師が月の満ち欠けから判断して作る「金運護符」。限りがあるため月20名限定です。

金運が元気になる護符

 

※締切日9月25日23時まで