サルタヒコはどんな神様?描かれる姿とご利益・神社紹介

猿田彦命

猿田彦命「Art Mochida Daisuke

サルタヒコとは?

天孫降臨神話に登場する人気の神様です。猿とも天狗ともいわれる怪奇な風貌をしています。天孫を道案内した故事から導きの神、道の神とされます。また、アマテラス大神以前の太陽神ともされます。アメノウズメ命と結婚したことから縁結びの神としても有名。サルタヒコ命を祭神とする神社は全国に二千余社を数え、交通安全の守護神として警視庁にも祀られています。

祈祷師が満月と新月の日に作成する「金運護符」
名称
古事記

猿田毘古神(サルタヒコノカミ)
猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)
猿田毘古之男神

日本書紀
猿田彦命(サルタヒコノミコト)
別称

精大明神

神格
道の神 導きの神 国土の守護神 太陽神
ご利益
延命長寿 開運 交通安全 商売繁盛
殖産興業 災難・方位除け 縁結び
関連神

天孫一行の道案内をした有力な国津神

サルタヒコとアメノウズメ

出典:「椿大神社」

 

『日本書紀』には鼻の長さが約120センチもあり、背の丈は約200センチもあると記されます。口と尻は明るく光っていて、目は大きくて丸く、真っ赤な酸漿(ほおずき)のように照り輝いていると記されます。

 

サルタヒコ命は高天原から降ってくる天孫ニニギ尊の一行を迎えるために、天の八衢(やちまた)まで出向きました。ところが異様な風貌のせいで怪しまれてしまいます。

 

この時、ニニギ尊に随行していたアメノウズメ命が、素性を問いただすように命じられてサルタヒコ命と対峙します。

 

アメノウズメ名が「おまえは何者か?」と問いただすと、サルタヒコ命は「天孫の道案内のために来た国津神です」と答えます。こうしたやりとりの後、先導を許され、ニニギ尊一行を日向の高千穂まで導いたとされます。

 

この話からサルタヒコ命は導きの神と考えられるようになります。

 

神話の道案内役のイメージそのままに、この神の姿を今日でも神社の祭礼でみることができます。それは、鼻の高い天狗のような面をつけて、高下駄を履き、鉾をもった姿で神輿渡御(みこしとぎよ)の先導役の姿です。

※神輿渡御(みこしとぎよ):御輿は神の乗り物。渡御は神幸、お渡りともいわれます。祭りの時に神さまが本殿から臨時の御旅所に御輿にのって移動することです。

 

一方『古事記』では「天にも地にもその光が届き輝かしく神々しい神」として描かれています。この日本書紀・古事記の描かれ方の違いは、それぞれの編者が国津神、サルタヒコに対して親近感を抱くか側であったかどうかを物語るものと思われます。

伊勢の海人族が祀っていた太陽神

猿田彦命

出典:猿田毘古神「日本の神々辞典」

 

サルタヒコ命は三重県の伊勢・志摩地方に縁が深い神さまとされます。

 

ニニギ尊を先導した後、アメノウズメ命に送られて伊勢国の狭長田(さなた)の五十鈴川のほとりに帰ります。その地でアメノウズメ命と結婚し住んでいたとされます。

 

のちにアメノウズメ命はサルタヒコ命の名をとって猿女君を名乗り、猿女氏の遠祖となったそうです。猿女氏は伊勢地方を本拠とする海女の一族で、古くから自分たちの祖神としてサルタヒコ命を崇敬していたとされます。

 

『古事記』では「上は高天原を照らし、下は葦原中国を照らす神」と記され、『日本書紀』ではその眼が「八咫鏡のごとく赫く(かがやく)」とあります。八咫鏡は太陽神アマテラス大神の依り代とされるもの。

 

これらから容易に輝く太陽をイメージでき、サルタヒコ命がアマテラス大神以前に伊勢で信仰されていた太陽神だったと考えられます。その原像については原始的な男性の太陽神として伊勢の海人が信仰していた神だったという説が有力です。

 

海で命を落とし三柱の神を生む

サルタヒコ命は伊勢の阿耶訶(あざか※三重県松阪市)の海岸で漁をしているときに、比良夫貝(ひらふがい)に手を挟まれ、海に引き込まれて溺れて命を落とします。

 

海に沈んでいる時に「底度久御魂(そこどくみたま)」、吐いた息の泡が海面に昇る時に「都夫多都御魂(つぶたつみたま)」、泡が水面で弾ける時に「阿和佐久御魂(あわさくみたま)」という三柱の神が生まれたそうです。

 

サルタヒコが生んだ三柱の神は阿射加神社(三重県松阪市大阿坂と小阿坂)に祀られています。

民間信仰のなかで見せる多彩な顔

サルタヒコ命

出典:猿田彦命「八百万の神カード」

 

天の八衢で天孫を出迎えたサルタヒコ命は「衢の神」、「境界の守護神」」とも呼ばれます。その役割は道案内であり、航路の安全を守ることを意味します。

 

航路の神、道の神という基本的な性格から、サルタヒコ命はいろいろな民俗信仰と結びついています。とりわけ庶民的な人気を得ているのが道祖神としての顔です。

 

道祖神は基本的には邪霊を防ぐ神で、そこから塞の神、境の神として働きます。同時に道の神としての信仰もあり、通行する人の行路の安全を守るという機能から、道の神であるサルタヒコ命と結びついたと考えられます。

 

道祖神として路傍に祀られるようになると、江戸時代の中期頃からは庚申様とも習合しました。これは猿と申の共通性から、神道家によって結び付けられとものとされます。

 

性神の金精さまとも習合

古代の性器崇拝と結びついた金精様も、サルタヒコ命の多様な顔の1つです。

 

金精様は道祖神信仰の性にまつわる部分だけを取り出したような神さまで、男女の縁結び、出産、性病治癒などの霊験ありとして信仰されています。

 

その金精様(金精大明神、金勢大明神)を祀る神社は各地にありますが、サルタヒコ命が祭神とされていることが多く、その理由はこの神と道祖神との結びつきからきています。

猿田彦命を祀る神社

猿田彦神社 三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
椿大神社 三重県鈴鹿市山本町1871
大麻比古神社 徳島県鳴門市大麻町板東広塚13
高山稲荷神社 青森県つがる市牛潟町鷲野沢147-1
巻掘神社 岩手県盛岡市巻堀本宮22
二見興玉神社 三重県伊勢市二見町江575
猿田彦三河神社 愛知県額田郡幸田町大草太根6
白髭神社 滋賀県高島市鵜川215
大野湊神社 石川県金沢市寺中町ハ163
平野神社 滋賀県大津市松本1−8−25
祐徳稲荷神社 佐賀県鹿島市古枝乙1855

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2022年5月30日(月)


金運や恋愛運など強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

新月と満月の日に祈祷師が作る【金運・恋愛運護符】

※締切日5月29日23時まで