スポンサード リンク

野見宿禰のご利益や特徴

 

野見宿禰の画像

別称

  • 弩美宿禰(のみのすくね)

神格

  • 相撲の神

ご利益

  • 技芸上達

関連神

 

スポンサード リンク

野見宿禰はどんな神さま?

日本の国技「相撲」の祖神

野見宿禰は相撲の神様として有名です。相撲は古くは角力と書いて「スマヒ、スマフ」と呼ばれていました。その起源は、豊穣を祈る農耕儀礼の神事にあります。『日本書紀』垂仁天皇7年7月の条に、有名な野見宿禰と当麻蹴速(たいまのけはや)の対決の話があります。

 

それによるとアメノホヒ命の十四世の孫にあたる野見宿禰は、剛力をもって当代にその名が知れ渡っていました。一方の大和国当麻村の当麻蹴速も、腕力にすぐれた勇者で常々「天下にかなう者はいないだろう」と豪語していました。これを聞いた天皇が2人を対決させることにしました。二人の戦いは、蹴り合いで始まり、やがて勝負は野見宿禰が当麻蹴速のあばら骨を蹴折り、腰骨を踏み折って殺したことで決着がつきました。

 

この対決の話は、古代宮廷の年中行事として7月7日に行われていた相撲節会(すもうせちえ)の起源説話ですが、今日にみる相撲の原点ともされています。

 

対決の後、野見宿禰は褒美に大和国葛城下郡当麻を与えられて住んだとされます。腰折田の伝承が残るその地は、現在の奈良県桜井市の穴師坐兵主神社のあるあたりと伝わり、境内の通称である相撲神社(野見宿禰神社)に二神がともに祀られています。

王墓に埋める植輪の考案者

垂仁天皇三十二年の条の伝承によれば、皇后の葬儀のとき、野見宿禰は墓に生きた人を一緒に埋める代わりに、出雲国から土師部(はじべ)百人を呼び、埴土で人や馬など色々なものをつくって献上し、「これを後世の決まりとしてはいかがでしょう」と奏上しました。大いに喜んだ天皇はそれを「植輪」と名付けたそうです。

 

この功績により土師の職に任命され、性も土師臣と改めました。これが土師連(はじのむらじ)の天皇の葬儀をつかさどる役目の起源とされ、野見宿禰は土師連の祖先とされています。のちに土師氏は、桓武天皇に請願して天応元年(731年)に菅原氏の姓を賜ったそうです。菅原道真はこの菅原氏一族であり、道真は野見宿禰の末裔ということになります。

野見宿禰を祀る神社

 
防府天満宮

山口県防府市松崎町14-1

野見宿禰神社(穴師坐兵主神社)

奈良県桜井市穴師1065