愛宕山の神「愛宕大権現」

愛宕大権現

愛宕大権現

出典:日本の神々辞典

 

神格 愛宕山の神
神徳・ご利益

火災除け
火伏せ

別称 -

 

「最近ツイてない」あなたの金運を元気にする方法

愛宕大権現とは?

八天狗の筆頭・太郎坊ゆかりの火伏せの神

愛宕大権現(あたごだいごんげん)とは、愛宕山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神さまです。

 

地蔵菩薩を本地仏とし、イザナミを垂迹神とします。

 

神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、愛宕山白雲寺から勧請されて全国の愛宕社で祀られました。

 

愛宕山

愛宕山

 

愛宕山といえば、京都人にとっては火迺要慎ひのようじんのお札をいただく山であり、「千日詣せんにちもうで」の山でもあります。「千日詣」は7月31日の夜から翌早朝にかけて登拝する行事で、この日に登ると千日分の火伏せ・防火の御利益がいただけるといわれます。

 

古来、丹波国との境に接し、都のある山城国の中で最初に朝日を受けることから朝日峰と称されていました。おそらく早くから山岳修行と死者供養の山であったと考えられます。平安時代にはそれに都の西北鬼門にあたる王城鎮護の山という性質も加わります。

 

社伝によれば役小角(えんのおづぬ)と泰澄(たいちょう)の開基と伝わっていますが、今の愛宕神社につづく寺社の最初は、天応元年(781年)、僧慶俊けいしゅんが阿多古社を愛宕山中に遷し、同年、和気清麻呂わけのきよまろが白雲寺など五か寺を建立して愛宕大権現と称したとされる。

 

愛宕山は修験道七高山の一つ

九世紀には国家的修法である薬師悔過法やくしかいかほうを行う七高山のひとつに選ばれ、「愛当護神あたごのかみ」の名で従五位の神階が与えられるなど、愛宕山の神はしだいに重きをなしていきます。

 

「伊勢へ七たび、熊野へ三たび、愛宕さんには月まいり」と言われるほど愛宕山は修験道場として栄えます。愛宕山の修験者は「愛宕聖」や「清滝川聖」とも呼ばれ、江戸時代にかけて愛宕修験がますます盛んになると、愛宕山白雲寺から勧請された愛宕社が全国に広まります。

 

武士からの軍神信仰が厚い

神仏習合の時代、当山の本殿には愛宕権現の本地仏である勝軍地蔵、現在の若宮社である奥の院には愛宕山の天狗太郎坊が祀られたといいます。

 

勝軍地蔵は地蔵という名でありながら馬に乗り、甲冑を身につけた特異な姿で、もとは坂上田村麻呂が蝦夷を討伐した際にこの世に現れたといわれます。

 

これは愛宕山が国家鎮護の山となったことと軌を一にして祀られたと考えられますが、田村大将軍の武功と「勝軍」の響きから武家の守護神として崇敬を集めるようになります。

 

一方で天狗太郎坊は、全国八天狗の筆頭にして山伏修験の象徴的存在です。彼らは野外での護摩や火渡りなどの荒行で知られますが、それが愛宕行者=火伏せの霊験として一般化し、やがて愛宕信仰の主流となっていきました。

 

これらを複合した信仰の力によって、愛宕神社は全国に約九百もの分社を数える総本社へと発展していったのです。

 

神仏分離・廃仏毀釈後の愛宕大権現

慶応4年(1868年)の神仏分離令による廃仏毀釈により、修験道に基づく愛宕権現は廃された。

 

明治3年(1870年)天台宗・真言宗両義の白雲寺も廃寺に追い込まれ、愛宕神社(京都府京都市右京区)に強制的に改組されます。

 

本地仏とされた勝軍地蔵は金蔵寺に移されますが、現在でも本宮にイザナミを。若宮にカグツチを祀ります。

 

全国の愛宕社の多くは、若宮(太郎坊大権現)に祭られていたカグツチを初めとする神道の神々を祀る愛宕神社となっている。

愛宕大権現を祀る寺社院

朝日山法圓寺 福島県伊達郡桑折町北町17
愛宕山龍現寺 福島県喜多方市諏訪40
愛宕権現社 埼玉県所沢市緑町3-13-1
愛宕山円隆寺 京都府舞鶴市引土72
愛宕山上福院龍泉寺 三重県松阪市愛宕町1-4
愛宕山観音寺 福岡県福岡市西区西区愛宕2-22-7
愛宕山長福寺 宮崎県児湯郡都農町川北18269
満月と新月の日だけに作られる護符

月花殿満月

次回の満月(新月)は2022年12月23日(金)

 

祈祷師が月の力を利用して作る「金運護符」です。※月20名限定

あなたの金運を元気にする「金運護符」

 

※締切日12月22日23時まで