スポンサード リンク

お多賀さま

 

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)

天瓊を以て滄海を探るの図

別称
  • 伊奘諾尊(イザナギ命)
  • 伊弉冉尊(イザナミ命)
神格
  • 人類の起源神(イザナギ命)
  • 結婚の神(イザナギ命)
  • 創造神(イザナミ命)
  • 万物を生み成す女神(イザナギ命)
ご利益
  • 産業繁栄
  • 商売繁昌
  • 出世開運
  • 豊作・大漁
  • 家内安全
  • 厄除け
  • 延命寿命
  • 無病息災
  • 病気平癒
  • 縁結び
  • 夫婦円満
  • 安産・子育て
 

スポンサード リンク

お多賀さまについて

日本神話の中で一番最初に出てくる夫婦神

数々の日本の国土を誕生させた『国生み』や多くの自然神うあ文化神を誕生させた『神生み』を行なったことから、国堅めの神や生命の祖神ともされています。「古事記」には2神の出現から結婚、出産、諍(いさか)い、離婚、そして死まで語られています。

 

はじめに行なったのが国生みで、天浮橋(あめのうきはし)に立ち2神が協力して矛(ほこ)で海水をかき回し、オノゴロ島を作りました。2神はその島に降りて宮殿を建てて結婚し、日本列島である大八島などの島々を生み出しました。つづく神生みでは石、山、木、風、海、穀物、火など多くの神を次々に生みました。その後も2神はそれぞれ独自の活動でさらに多くの自然神や文化神を生み出しました。

人の【死】を表す神話

火の神カグツチを生んだイザナミ命は、出産の時に火傷が原因で死んでしまい黄泉の国に去って行きました。黄泉の国のイザナミ命はそれまでの姿が一変して、人間の死を司る黄津大神となります。イザナミ命は神でありながら一番最初に死を体験し、それによって黄泉の国(死の国)が始まったとされます。

 

夫のイザナギ命は死んだ妻を追って黄泉の国に行きますが、妻の醜い姿を見て逃げ出し、その態度に激怒したイザナミ命に追われます。この世とあの世の境界である黄泉平坂で対峙したイザナミ命は「これからは地上の人間を一日千人殺すことにする」と言い放つと、イザナギ命は「それならば私は一日に千五百の産屋を建てよう」と宣言しました。ことときから人間の寿命が始まったとされます。

「お伊勢さま」は「お多賀さま」の子でござる

お多賀さまと親しまれているのは、イザナギ命・イザナミ命の2神が鎮座する滋賀県の多賀大社のことです。『古事記』によると「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐(いま)すなり」とあります。神生みの仕事を終えたイザナギ命は近江の多賀の地に鎮座したことになります。

 

多賀神社は室町中期以降に人気が高まり、「お伊勢七庶熊野へ三度、お多賀様へは月参り」の俚謡も生まれました。江戸時代には多賀講の信仰が全国に広がり、「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢はお多賀の子でござる」といった俚謡とともに多賀参りが盛んに行われたそうです。

 

お多賀様は近江商人の厚い信仰をうけてきたそうです。当時の商人は関東から東北地方まで長い行商の旅でした。イザナギ命、イザナミ命は諸々の神の生みの親です。それゆえにお多賀さまを信奉すれば、ゆく先々でさまざまな神の守護が受けられると考えられていたそうです。

祀られている神社

 
多賀大社

多賀信仰の総本山
(滋賀県犬上郡多賀町多賀604)

伊奘諾神社

イザナギ命の最後の鎮座地の伝承
兵庫県津名郡一宮町郡家170-1

江田神社

イザナギ命の禊の霊地とされる場所の1つ
宮崎県宮崎市阿波岐原町産母127

花窟神社

イザナミ命の御陵の伝承地
三重県熊野市有馬町上地130