弟橘姫命のご利益や特徴

弟橘媛(前賢故実)より

弟橘媛(前賢故実)より

名称
古事記
弟橘比売命(おとたちばなひめのみこと)
日本書紀
弟橘媛(おとたちばなひめ)
別称

橘姫命(たちばなひめのみこと)
吾妻大明神

神格
海神を祀る巫女
ご利益
出世開運 商売繁盛 縁結び
関連神

 

500円からできるメール占い。誰にも知られずあなたの不安や悩みを相談できます。

弟橘姫命はどんな神さま?

夫にすべてを捧げた女神

オトタチバナヒメ命は『ヤマトタケル尊』の神話に登場する女神です。ヤマトタケル尊の妻として、夫への愛を貫き、夫の使命達成のために自分の命を海の神に捧げるために入水する場面は、純愛と悲劇性で昔から人々の心をとらえてきました。

 

東国に遠征中のヤマトタケル尊は妻のオトタチバナヒメ命を伴い、軍勢を進めました。現在の神奈川県横須賀市の海から房総半島に渡っている最中に、突然波が逆立ち荒れ狂い、船が進まなくなります。

 

その時にオトタチバナヒメ命が、我が身を捨てて夫の危難を救わなければならないと思い「私の命を捧げて海峡の神の心を鎮めましょう」と言い入水します。するとたちまち海が静まり、ヤマトタケル尊は無事に海峡を渡ることが出来ました。

 

海神に仕える巫女の伝承が反映された神さま

オトタチバナヒメ命の名前の『橘』は一種の霊樹とされています。常緑樹で冬でも枯れずに実をつけることから、強い生命力の象徴とされました。こういった生命力の象徴と海神に仕える巫女的な性格が、戦士としてのヤマトタケル尊の力をより強めたということでしょう。

 

海の神に身を捧げるという伝承は、海神や水神を祀る巫女が入水して神の妻になるという古代信仰が反映したものとされます。

 

入水したのちにオトタチバナヒメ命が髪に挿していた櫛が近くの海岸に流れ着き、それを拾った人々が、御陵を作り手厚く葬ったとされます。

弟橘姫命を祀る神社

大島神社 東京都目黒区下目黒3-1-2
走水神社 神奈川県横須賀市走水2-12−5
橘樹神社 神奈川県川崎市高津区子母口122
吾妻神社 神奈川県中郡二宮町山西1117
橘樹神社 千葉県茂原市本納738

 

オトタチバナヒメ命を祀る神社は、ほぼ神奈川県、千葉県、東京都に限られ、ヤマトタケル尊と一緒に祀られている。

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年11月05日(金)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日11月04日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら