豊玉姫命のご利益や特徴

 

トヨタマヒメノミコトの絵

豊玉姫と妹の「玉依姫

『別称』
  • 豊玉比売命
  • 豊玉媛命
『神格』
  • 水の神
  • 聖母神
  • 福の神
  • 祈雨の神
『ご利益』
  • 子宝・子育て
  • 安産守護
  • 産婆乳母
  • 縁結び
  • 農業・漁業・畜産
  • 航海安全
関連神
 

豊玉姫命はどんな神さま?

海神の娘で初代天皇(神武天皇)の祖母

トヨタマヒメは海神(ワタツミ)の娘で竜宮に住んでいます。神武天皇(初代天皇)の父・ウガヤフキアエズの母であり、天皇の母・玉依姫の姉にあたります。トヨタマヒメの神名の意味は、姿形の見目麗しい女性を表すもの。ですが本当の姿は八尋の大和邇(やひろのおおわに)とされます。

 

ヤマサチヒコとの結婚・出産と別れ

トヨタマヒメとヤマサチヒコ

火折尊と豊玉姫

 

神話でトヨタマヒメは、無くした釣り針を求めて海神の宮にやってきたヤマサチヒコと結婚します。

 

トヨタマヒメと結婚したヤマサチヒコは海の宮殿で暮らしていたある日、無くしたウミサチヒコノの釣り針を探しに来たことを思い出します。

 

トヨタマヒメの父(海の神)に、鯛の喉に引っかかっていた釣り針を見つけてもらいヤマサチヒコは地上へ戻ります。この時トヨタマヒメはヤマサチヒコの子どもを宿しており出産間近でした。天神の子どもを海の中で産むわけにはいかないという理由から後を追うように地上へ向かいます。

 

陸に上がり、浜辺に産屋を作っている最中に産気づきます。トヨタマヒメは、「他国の者は子を産む時には本来の姿になります。私も本来の姿で産もうと思うので、絶対に産屋の中を見ないでください」とヤマサチヒコに伝えます。

 

しかし、その言葉を不思議に思ったヤマサチヒコは産屋の中を覗いてしまいます。そこにトヨタマヒメのが姿を変えた八尋和邇(やひろわに)が腹をつけて身をくねらせていました。それを見ヤマサチヒコは恐れて逃げ出します。

 

豊玉姫は覗かれたことを恥ずかしく思い、生まれた子を置いて海に帰ってしまいます。帰っていくトヨタマヒメにヤマサチヒコは歌を詠みます

 

飫企都鄧利 軻茂豆勾志磨爾 和我謂禰志 伊茂播和素邏珥 譽能據鄧馭登母
(沖つ鳥鴨著く嶋に 我が率寝し妹は忘らじ 世の尽も)
※意味【鴨の寄り着く島で、我が床を共にした妻は、決して忘れぬだろう、我世ある限り】

 

その後、子どもが端正に育っていることを聞き、トヨタマヒメは戻って養いたいと願いました。しかし理(ことわり)においてよからずと思い、子どもを養育するために妹のタマヨリヒメを遣わします。

 

その際の報歌(かえしうた)

 

阿軻娜磨廼 比訶利播阿利登 比鄧播伊珮耐 企弭我譽贈比志 多輔妬勾阿利計利 
(赤玉の 光はありと 人は言へど 君が装し 貴くありけり)
※意味【紅き玉は輝けると 人々は申しますが、貴方の姿はそれにも増して 壮麗に思います。】

 

福の神としての性格

民話の1つに、竜宮からやってきたみすぼらしい子ども(竜宮童子)が入った家は豊かになり、その子どもが去るとたちまち貧乏になるという話があります。竜宮というのは豊かさや富の源泉としての他界であり、トヨタマヒメにもそうした「福神」的な性格が備わっていると考えられます。

 

また、民族的な水霊信仰とも関係する祈雨の神、あるいは安産守護・産婆乳母、縁結びの神としての信仰もあるそうです。

 

聖母神であると同時に富と権力、子孫繁栄という性格を備えていることから、福を招いて出世を約束する女神と考えられています。

豊玉姫命を祀る神社

 
若狭姫神社

福井県小浜市遠敷65-41

高忍日売神社

愛媛県伊予郡松前町徳丸387

和布刈神社

福岡県北九州市門司区門司3492

与賀神社

佐賀県佐賀市与賀町2-50

海神神社

長崎県対馬市峰町木坂247

鹿児島神宮

鹿児島県霧島市隼人町内2496−1

豊玉姫神社

鹿児島県南九州市知覧町郡16510

益救神社

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦277

 

この結婚によりトヨタマヒメ命は、山幸彦に海の神の霊力を授けて兄の海幸彦を降伏させせ、国の王となる資格を獲得。つまり、神話でのトヨタマヒメ命は、海の神の霊力と山幸彦のもつ性格である山の神の霊力とを媒介する役割を果たしていると考えられます。

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年8月8日(日)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日8月7日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら