豊玉姫はどんな神さま?描かれる姿と伝承

豊玉姫

出典:豊玉姫(Art Mochida Daisuke

豊玉姫(トヨタマヒメ)とは?

竜宮に住む海神(ワタツミ)の娘。姿形の見目麗しい女性を表す神名を持つ美しい女神です。釣り針を探しに来たヤマサチヒコと出会い結婚し、神武天皇(初代天皇)の父ウガヤフキアエズを産みます。様々な伝承、民話もモチーフとなり浦島太郎の乙姫のモデルとして有名です。縁結びや子宝、安産守護のご利益があります。

名称
古事記

豊玉毘売(トヨタマヒメ)
豊玉毘売命(トヨタマヒメノミコト)

日本書紀
豊玉姫(トヨタマヒメ)
別称
和多都弥豊玉比売命(ワタヅミトヨタマヒメノミコト)
神格
金運向上 産業振興 商売繁盛
家内安全 芸能上達 五穀豊穣
諸願成就 交通安全
ご利益
水の神 聖母神 福の神
祈雨の神 鰐神 龍神
真珠の神 巫女神
関連神
金運が元気になるお守り【月20個限定】

火遠理命(ヤマサチヒコ)と出会い結婚。そして出産

トヨタマヒメとヤマサチヒコ

出典:火折尊と豊玉姫「Evelyn Paul」

 

『古事記』では、無くした釣り針を求めて海神の宮にやってきた火遠理命(ヤマサチヒコ)と出会い一目惚れ。父のワタツミも天孫の子と知るやすぐにトヨタマヒメと結婚させます。ヤマサチヒコと結婚したトヨタマヒメは海の宮殿で3年間幸せに暮らしました。

 

ある日、ヤマサチヒコは無くした釣り針を探しに来たことを思い出し、海神に伝えます。海神は魚たちを集め、赤鯛の喉に引っかかっていた釣り針を見つけてもらいヤマサチヒコは地上へ戻ります。

 

この時トヨタマヒメは子どもを宿しており出産間近でした。天神の子どもを海の中で産むわけにはいかないという理由から後を追うように地上へ向かいます。

 

豊玉姫と妹の玉依姫

出典:豊玉姫と妹の玉依姫「魚屋北渓」

 

陸に上がり、浜辺に産屋を作っている最中に産気づきます。トヨタマヒメは、「他国の者は子を産む時には本来の姿になります。私も本来の姿で産もうと思うので、絶対に産屋の中を見ないでください」とヤマサチヒコに伝えます。

 

しかし、その言葉を不思議に思ったヤマサチヒコは産屋の中を覗いてしまいます。そこにはトヨタマヒメの姿はなく、八尋和邇(やひろわに※サメ)が腹をつけて身をくねらせていました。それを見ヤマサチヒコは恐れて逃げ出します。

 

豊玉姫は覗かれたことを恥ずかしく思い、生まれた子を置いて、海坂(海と陸の境)を行き来できないようにふさぎ海宮へと帰っていきます。

 

帰るトヨタマヒメにヤマサチヒコは歌を詠みます

 

飫企都鄧利 軻茂豆勾志磨爾 和我謂禰志 伊茂播和素邏珥 譽能據鄧馭登母
(鴨の寄り着く島で我が床を共にした妻を決して忘れぬだろう。我世ある限り)

 

その後、トヨタマヒメは子どもが無事に育っていることを知り、戻って養いたいと願いました。しかし理(ことわり)においてよからずと思い、子どもを養育するために妹のタマヨリヒメを遣わします。

 

その際に報歌(かえしうた)を歌います。

阿軻娜磨廼 比訶利播阿利登 比鄧播伊珮耐 企弭我譽贈比志 多輔妬勾阿利計利 
(紅き玉は輝けると 人々は申しますが、貴方の姿はそれにも増して壮麗に思います)

 

ヤマサチヒコは海の神の霊力「鹽盈珠(しおみちのたま)」、「鹽乾珠しおひのたま)」を授かり、兄のウミサチヒコを降伏させ、国の王となる資格を獲得。その後も二人は文通をして、仲睦まじい夫婦だったとされます。

民話に伝わる福の神としての性格

豊玉姫(地神五代紀)

出典:「豊玉姫」日本の神々辞典

 

民話の1つに、竜宮からやってきたみすぼらしい子ども(竜宮童子)が入った家は豊かになり、その子どもが去るとたちまち貧乏になるという話があります。

 

竜宮というのは豊かさや富の源泉としての他界であり、トヨタマヒメにもそうした「福神」的な性格が備わっていると考えられます。

 

また、民族的な水霊信仰とも関係する祈雨の神、あるいは安産守護・産婆乳母、縁結びの神としての信仰もあります。

 

聖母神であると同時に富と権力、子孫繁栄という性格を備えていることから、福を招いて出世を約束する女神と考えられています。

豊玉姫の「お乳岩」と「亀石」の伝説

鵜戸神宮のお乳岩

出典:「お乳岩」鵜戸神宮

 

宮崎県日南市にある「鵜戸神宮」には古事記には記されていない話が伝わります。

 

鵜戸神宮には産屋を建てた窟があり、トヨタマヒメは置いていく乳飲み子のために、自分の乳を窟に貼り付け、自分がいなくても子どもが元気に育つように願いました。

 

滴り落ちる清水「おちちあめ」を母乳がわりにして、ウガヤフキアエズは育ったとされることから、「おちちいわ」は安産、育児を願う人々の信仰の拠り所とされています。

 

同社には「亀石」があり、これはトヨタマヒメが海宮から地上へ移動する時に乗ってきた大きな亀とされます。なんでもトヨタマヒメが海へ帰っていったのに気付かずに待ち続け、そのまま石になってしまったそうです。

 

また、日南市風田に川上神社では、海宮から海亀に乗ってやってきたトヨタマヒメが滞在したという話が伝わることから、昔から海亀を捕ることをしないそうです。

豊玉姫が遊んだ「松の木」と身重な体を支えた「腰掛け石」の伝承

和多都美神社の松の木

出典:和多都美神社(対馬)

 

長崎県対馬の豊玉町に鎮座する「和多都美神社」。夫婦神として彦火々出見尊(ヤマサチヒコ)と豊玉姫を祀る神社です。

 

社伝によると、海神の「豊玉彦尊」が海宮を造り、この地を「夫姫(おとひめ)」と名付けたと記されます。

 

境内には白蛇の姿となった豊玉姫が登って遊んでいたという松の木や、豊玉姫が身篭られた際に座ったと伝わる「腰掛け石」があります。

 

夫婦神の出会いに由来する満珠瀬・干珠瀬、磯良恵比須の御神体石などあり、大潮の時期には社殿の近くまで海水が到達することもあるそうです。その光景は龍宮を連想させるのかもしれません。

 

ちなみに和多都美神社では、松の木や腰掛け石に座ると、お尻が腫れたり腰が抜けるそうです。

トヨタマヒメを祀る神社

若狭姫神社 福井県小浜市遠敷65-41
高忍日売神社 愛媛県伊予郡松前町徳丸387
和布刈神社 福岡県北九州市門司区門司3492
與賀神社 佐賀県佐賀市与賀町2-50
和多都美神社 長崎県対馬市豊玉町仁位和宮55
海神神社 長崎県対馬市峰町木坂247
鵜戸神宮 宮崎県日南市大字宮浦3232
鹿児島神宮 鹿児島県霧島市隼人町内2496−1
豊玉姫神社 鹿児島県南九州市知覧町郡16510
益救神社 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦277
満月と新月の日だけに作られる護符

月花殿満月

次回の満月(新月)は2022年9月26日(月)

 

祈祷師が月の満ち欠けから判断して作る「金運護符」。限りがあるため月20名限定です。

金運が元気になる護符

 

※締切日9月25日23時まで