スポンサード リンク

豊玉姫命のご利益や特徴

 
『別称』
  • 豊玉比売命
  • 豊玉媛命
『神格』
  • 水の神
  • 聖母神
  • 福の神
  • 祈雨の神
『ご利益』
  • 子宝・子育て
  • 安産守護
  • 産婆乳母
  • 縁結び
  • 農業・漁業・畜産
  • 航海安全
関連神
 

スポンサード リンク

豊玉姫命について

神武天皇のおばあちゃん

トヨタミヒメ命は海の神の娘です。神名の意味は、姿形の見目麗しい女性を表すものです。神話でトヨタマヒメ命は、海神の宮にやってきた山幸彦と結婚して子ども(ウガヤフキアエズ命)をもうけます。

 

この結婚によりトヨタマヒメ命は、山幸彦に海の神の霊力を授けて兄の海幸彦を降伏させることで、国の王となる資格を獲得します。つまり、神話でのトヨタマヒメ命は、海の神の霊力と山幸彦のもつ本質的な神霊としての性格である山の神の霊力とを媒介する役割を果たしていると考えられます。

 

聖母神であると同時に富と権力、子孫繁栄という性格を備えていることから、福を招いて出世を約束する女神と考えられています。

浦島太郎で語られる竜宮城の乙姫様

海幸・山幸の話は、昔話の浦島太郎が亀を助けて竜宮城に招かれ、美しい乙姫様にたくさんもてなしを受けるというストーリーとほとんど一緒です。なのでトヨタマヒメ命は、乙姫様とイメージが重なります。トヨタマヒメ命、乙姫様はそもそもは海神信仰から始まったものです。

 

民話の1つに、竜宮からやってきたみすぼらしい子ども(竜宮童子)が入った家は豊かになり、その子どもが去るとたちまち貧乏になるという話があります。

 

つまり、竜宮というのは、豊かさや富の源泉としての他界であり、トヨタマヒメ命は民族的な水霊信仰とも関係する祈雨の神、あるいは安産守護・産婆乳母、縁結びの神としての信仰もあります。

豊玉姫命を祀る神社

 
若狭姫神社

福井県小浜市遠敷65-41

益救神社

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦277

高忍日売神社

愛媛県伊予郡松前町徳丸387

与賀神社

佐賀県佐賀市与賀町2-50

海神神社

長崎県対馬市峰町木坂247

鹿児島神宮

鹿児島県霧島市隼人町内2496−1

豊玉姫神社

鹿児島県南九州市知覧町郡16510