大和武尊(やまとたけるのみこと)

ヤマトタケルノミコト

ヤマトタケルノミコト(墨絵画家カツ)画

 

名称
古事記

倭建命(やまとたけるのみこと)
小碓尊(おうすのみこと)
小碓王(おうすのみこ)
日本童男(やまとおぐな)
日本武皇子(やまとたけるのみこ)

日本書紀

日本武尊(やまとたけるのみこと)
小碓命(おうすのみこと)
倭男具那命(やまとおぐなのみこと)
倭男具那王(やまとおぐなのみこ)
倭建御子(やまとたけるのみこ)

別称

倭武命
倭武尊
倭建尊
日本武命
倭武天皇
倭建天皇
倭健天皇命

神格
武神 農業神
ご利益
国土平穏 五穀豊穣 商売繁昌 出世
開運招福 除災 交通安全 試験合格
関連神

 

500円からできるメール占い。誰にも知られずあなたの不安や悩みを相談できます。

大和武尊はどんな神さま?

日本神話の英雄

ヤマトタケル尊は日本神話におけるスーパーヒーローです。武力に優れ、偉大な戦士として生き抜き、同時に人間的な愛や苦悩に彩られた悲劇的な生涯の物語が昔から人々に愛されてきました。

 

第十二代景行天皇の皇子で本名は小碓命、のちにヤマトタケルと呼ばれます。神社の祭神としては大和武尊と記されることが多い。

 

ヤマトタケル尊の話は古代の大和王権が地方のまつろわぬ勢力を平定していく様子を描くもので、そのなかでのヤマトタケル尊は王権の軍事的なシンボルとなっています。

 

草を薙ぐヤマトタケル

ヤマトタケル(歌川国芳)画

 

様々な難を克服していく戦士

少年時代のヤマトタケル尊は父の命令の解釈の違いから、兄の大碓命を素手で掴み殺してしまいます。それが災いして父の景行天皇に疎まれ、戦士として東奔西走させられることになりますが、九州の熊曽建兄弟や出雲の出雲建、東国の反抗勢力やまつろわぬ土地の神々を次々に討伐、服従させる功績を挙げます。

 

熊曽健兄弟は女装して油断させて伐ったり、出雲健は偽の刀を渡して伐ったりと策士的な姿を示すエピソードもありますが、とりわけ武神としてのヤマトタケル尊を象徴するのが、東国遠征に際して叔母のヤマトヒメ命から授かった草薙剣です。

 

この剣はスサノオ尊がヤマタノオロチの尾から取り出し、アマテラス大神に献上された天叢雲剣であり、のちに神武天皇に継承され、八尺瓊勾玉と八咫鏡と並び三種の神器とされます。現在、草薙剣は熱田神宮の御神体として祀られています。

 

女装するヤマトタケル

女装するヤマトタケル(月岡芳年)画

 

純愛と悲劇が彩る生涯

ヤマトタケル尊の物語には、ヤマトヒメ命やミヤズヒメ命など美しい女性が登場して物語を彩ります。なかでも特にロマンチックな純愛と悲劇として知られるのがオトタチバナヒメ命の入水の話です。

 

東国遠征の途中、ヤマトタケル尊が走水(神奈川県横須賀市)から房総に渡ろうとする時、海が荒れ、激しい暴風雨にみまわれ船が難破しそうになりました。そのとき妻のオトタチバナヒメ命が「夫の身代わりとして海に入り、海の神の心を鎮めましょう」と言って入水。最愛の妻を失うという犠牲を払い、無事に海を渡ることができました。

 

オトタチバナヒメ命は入水の際に、火攻めにあった時の夫ヤマトタケル尊を思い出し詩を読みます。

 

原文

佐泥佐斯 佐賀牟能袁怒邇 毛由流肥能 本那迦邇多知弖 斗比斯岐美波母

相模野の燃える火の中で、私を気遣って声をかけて下さったあなたよ…

入水から七日後、オトタチバナヒメ命の櫛が対岸に流れ着き、この場所に御陵を造り櫛を収めたとあります。

 

その後、東国遠征から戻ってきたヤマトタケル尊は、尾張の美夜受比売(ミヤズヒメ)と結婚。物語の最後では伊吹山の神を退治しに向かいますが、素手で倒してやると慢心し、これまで幾多の危機を救ってきた草薙剣を妻に預けて出兵します。

 

伊吹山に着いた時に一頭の白いイノシシに遭遇します。ヤマトタケル尊は「ただの神の使いだ。帰りに殺してやろう」と暴言をはいて山を登り始めますが、イノシシは神そのものであり、神の怒りを買い、大氷雨を降らされて病の身となってしまいます。

 

大和への帰還を果たせずに伊勢の能褒野(三重県鈴鹿市)でヤマトタケル尊は次の歌を詠って亡くなります。

 

ヤマトタケルの国偲び歌

倭は 国のまほろば たたなずく 青垣 山隠れる 倭しうるわし
命の 全けむ人は 畳薦 平群の山の 熊白檮が葉を うずに挿せ その子
愛しけやし 吾家の方よ 雲居起ち来も
乙女の床のべに 我が置きし 剣の大刀 その大刀はや

大和は(これまで渡り歩いた国々と比べても)素晴らしい国だ。青く重なり合うように連なった山々に囲まれている大和はとても美しい。
まだ命あるものは平群山にある大きな樫の葉を(魔よけの)かんざしとして挿せ。皆よ。
ああ、なつかしい。我が家の方角から雲が立ちのぼっているではないか。
妻の寝床に置いてきた草薙剣よ。その太刀よ…

 

ヤマトタケルは亡くなった後、とても大きな白鳥となって飛び立ったとされます。

 

この悲劇の英雄の墓所と伝わる場所が、各地に存在しており、その伝説も多く、描かれる性格にも一貫性がみられないことから、大和統一に尽力した各地の英雄がヤマトタケル尊に集約され語られたという説もあります。

 

倭健命

倭健命(日本の神々辞典)より

ヤマトタケル尊を祀る神社

焼津神社 静岡県焼津市焼津2-7-2
熱田神宮 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
建部大社 滋賀県大津市神領1-16-1
気比神宮 福井県敦賀市曙町11-68
大鳥大社 大阪府堺市西区鳳北町1-1-2

その他、大鳥・鷲・白鳥などの社名の神社