スポンサード リンク

大和武尊(やまとたけるのみこと)

心で描くアーティストカツ作「ヤマトタケルノミコト」

【ヤマトタケルノミコト】

心で描くアーティスト カツ 作

Facebook

Twitter

 

別称

  • 小碓命(おうすのみこと)
  • 倭健命(やまとたけるのみこと)
  • 日本童男・倭男具那命(やまとをぐな)
神格
  • 武神
  • 農業神
ご利益
  • 国土平穏
  • 五穀豊穣
  • 商売繁昌
  • 出世
  • 開運招福
  • 除災
  • 交通安全
  • 試験合格
関連神
  • 妻神:ミヤズヒメ

スポンサード リンク

大和武尊について

日本神話の英雄

ヤマトタケル尊

ヤマトタケル(歌川国芳画)

第十二代景行天皇の皇子で本名は小碓命、のちにヤマトタケルと呼ばれます。『古事記』では倭健命、『日本書紀』では大和武尊と記されています。ヤマトタケル尊の話は古代の大和王権が地方のまつろわぬ勢力を平定していく様子を描くもので、そのなかでのヤマトタケル尊は王権の軍事的なシンボルとなっています。

 

古事記によると、少年時代のヤマトタケル尊は父の命令の解釈の違いから、兄の大碓命を素手で掴み殺してしまいます。それが災いして父の景行天皇に疎まれ、戦士として東奔西走させられることになりますが、九州の熊曽建兄弟や出雲の出雲建、東国の反抗勢力やまつろわぬ土地の神々を次々に討伐、服従させる功績を挙げました。

 

東国遠征を終え、かねてより婚約していた尾張の美夜受比売(ミヤズヒメ)と結婚します。ミヤズヒメに神剣草薙剣を預けたまま伊吹山の神を退治に向かいますが、大氷雨を降らされて病の身となってしまいます。その後、弱った身体で大和を目指しますが、果たせずに伊勢の能褒野(三重県鈴鹿市)でヤマトタケル尊は次の歌を詠って亡くなります。

「倭は 国のまほろば たたなずく 青垣 山隠れる 倭しうるわし」
「命の 全けむ人は 畳薦 平群の山の 熊白檮が葉を うずに挿せ その子」
「愛しけやし 吾家の方よ 雲居起ち来も」
「乙女の床のべに 我が置きし 剣の大刀 その大刀はや」

ヤマトタケル尊を祀る神社

 
熱田神宮

愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

大鳥大社

大阪府堺市 西区鳳北町1-1-2

気比神宮

福井県敦賀市曙町11-68

建部大社

滋賀県大津市神領1-16-1

焼津神社

静岡県焼津市焼津2-7-2

 

その他、大鳥・鷲・白鳥などの社名の神社