スポンサード リンク

鹿島さま

 

武甕槌命(タケミカズチノミコト)

鹿島さま(武甕槌命)|ご利益と神社

巨大ナマズの上に乗っているのが武甕槌命

別称
  • 鹿島神
  • 建御雷之男神
  • 布都御魂神
神格
  • 雷神
  • 剣神
  • 武神
  • 軍神

ご利益
  • 武道守護
  • 芸能上達
  • 国家鎮護
  • 航海平安
  • 安産守護
  • 病気治癒
  • 厄除開運
  • 延命長寿
  • 縁結び
  • 交通安全
神使:鹿

鹿


関連神
 

スポンサード リンク

鹿島さまについて

武甕槌命の神話

イザナギ命が火の神カグツチの首を切り落としたときに流れだした血から生まれた剣の神さまです。

 

国譲りの神話では、アマテラス大神に命により地上に派遣され、十拳剣の切っ先を上にしてそのうえにあぐらをかいて威嚇し、地上の王であるオオクニヌシ命に地上の統治権を譲渡させる功績をあげ、神武東征の神話では、高天原から自分の身代わりとして布都御魂剣(フツノミタマノツルギ)を地上に下し、神武天皇の危機を救ったとされます。

 

武神・剣神と知られるタケミカズチ命ですが、基本的な性格は雷神です。名前のミカヅチは厳雷(いかづち)、御雷(みかづち)とも解釈されています。落雷はすべての物を焼きつくす火の力を持っていることからこの神が、火の神カグツチの血から生まれたことを考え合わせると、その本来の力が理解できます。

 

雷神は水神として祀られることも多いことから農耕と深く関係しています。鹿島さまとして常総地方で古くから信仰され、農業の守護として祀られていたことがうかがえます。

悪霊を防ぐ境界神

タケミカズチノ命のもう一つの性格に関して『常陸国風土記』に、鹿島神が船を陸と海とに自由自在に往来させたと記されています。これは鹿島地方の陸と海との境に位置してすべてをつかさどる神霊の姿を示しています。

 

つまり、悪霊の侵入を防ぐ境界神としてです。こうした境界神としての姿は、今日も民族信仰のなかに色濃く残っています。関東や東北に分布する鹿島信仰の【鹿島(人形)流し】がそれで、悪疫退散に霊験ありとされているそうです。

鹿島様を祀る有名な神社

 
鹿島神宮

茨城県鹿嶋市 宮中(大字)−2306−1

春日大社

奈良県奈良市春日野町160

枚岡神社

大阪府東大阪市出雲井町7-16

大野原神社

京都府京都市西京区大原野南春日町1152

鹽竈神社

宮城県塩竈市一森山1-1

吉田神社

京都府京都市左京区吉田神楽岡町30

古四王神社

秋田県秋田市寺内児桜1丁目5-55

石上神社

奈良県天理市布留町384
※祭神は布都御魂大神

 

全国の鹿島神社や春日大社