スポンサード リンク

吉備津彦命のご利益や特徴

 

別称

  • 大吉備津彦命

神格

  • 軍神

ご利益

  • 産業興隆
  • 延命長寿
  • 家内安全
  • 厄除け
  • 病気平癒
  • 子育て守護

関連神

  • 姉神:ヤマトトトヒメモモソヒメ命
 

スポンサード リンク

吉備津彦命はどんな神さま?

桃太郎伝説の主人公とされる神さま

キビツヒコ命の名からすぐに連想されるのは、鬼退治で有名な桃太郎ですね。その結びつきは岡山市にある吉備津神社祀られるこの神さまの伝説に見られます。

 

その昔に、異国からやってきたとされる鬼が吉備津国に住みつきました。温羅(うら)と呼ばれたその鬼は、もともと百済の王子だったとされます。大きい体に、真っ赤な髪を生やしたその姿は異様で、性格は極めて残忍。現在の吉備津神社から西北へ約10kmほどの場所にある片岡山に作られた「鬼の城」を拠点にして、暴虐の限りを尽くしたとされ、人々を恐怖のどん底に叩き落していました。

 

この事態に朝廷から派遣されたのがキビツヒコ命で、現在の吉備津神社から近い場所である「吉備の中山」に陣を張ります。鬼との戦いが始まり、激しい戦いの末、ついに鬼を退治したとされます。これがいわゆる「温羅伝説」で岡山が発祥といわれる桃太郎の鬼退治物語の元のなったとされます。

中央から派遣されて吉備津国を統治

『日本書紀』によれば、キビツヒコ命は第七代孝霊天皇の子で、姉はヤマトトトヒモモソヒメ命とされます。崇神天皇の治世に四道将軍(天皇の命で天下平定のために地方に派遣された軍事・行政長官)の1人として吉備国に派遣され、吉備地を平定する任にあたりました。平定後、子孫がこの地に繁栄し吉備臣(きびおみ)となり勢力を振るったそうです。

 

吉備津神社の社殿によると、吉備国を平定したキビツヒコ命は、吉備の中山のふもとに建てた御殿「茅葺宮」に住みながら政治を行い、なんと281歳まで生きたとされています。この長寿にちなんで延命長寿の神とされています。現在でも吉備津神社の奥にある吉備中山の中腹には、キビツヒコ命の墓と伝わる墓陵があるそうです。

吉備津彦命を祀る神社

 
吉備津神社

岡山県岡山市北区吉備津931
広島県福山市新市町大字宮内400

吉備津彦神社

岡山県岡山市北区一宮1043

田村神社

香川県高松市一宮町286