スポンサード リンク

手水の作法

 

手水舎の手順

左手を清める

まず手水舎の前で一礼します。右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、お水汲んで左手にかけて洗い流します。

右手を清める

左手を清めたら柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗い流します。その後、再び右手に持ちかえます。

口を清める

左手の手のひらに少量の水をため、その水を口に含んで軽くすすぎます。なお、柄杓に直接口をつけることを杓水と呼び、無作法とされています。必ず手のひらにためてお水を口に含みましょう。

柄杓の柄の部分を洗い流す

柄杓の柄を下にして立て、柄杓に残ったお水で柄を洗い流します。柄杓を元の位置に伏せて戻して、最後に手水舎の前で一礼します。これら一連の動作は最初にすくった一杯の水でおこないます。はじめは適量がわからないと思いますが、何度か経験することで適量が見極めれます。

 

手水舎の写真

手水舎は神前に出る前の準備

各神社の入り口付近には上記の写真のような手水舎があります。ここをただの手洗い場と思って通り過ぎる人もいらっしゃいますが、ここは神前に出るための準備として身を清める大事な場所です。

 

手水舎の多くは四方が吹き抜けていて、屋根と柱、水口と水盤からなります。水盤に刻まれている「洗心」という言葉は手を洗い、心を洗うという意味です。参拝するたび行なう事なので手水舎の作法をおぼえておきましょう。

 

手水の起源

 

五十鈴川

伊勢神宮の内宮にある五十鈴川

手水舎は禊を簡略化した作法

手水の起源は神道に由来し、聖域を訪れる際に周辺に流れる河川の水や湧き水で身を清めていた事に始まるそうです。

 

現在行われている手水舎での作法は「禊」を簡略化したものしたものとされます。神社の近くには御手洗川や祓川と呼ばれる川があることが多く、ここで人々は身を清めていました。