スポンサード リンク

鳥居の意味と役割

 

神明系鳥居

明神系鳥居


ここから先は神域と示す門です。基本形は二本の縦柱と横木からなっています。構造や装飾は様々な種類がありますが、大きく分けて2つにわけられます。縦柱と横木ともに直線的な鳥居は『神明系』と、笠木の両端が上に反っている曲線的な形の『明神系』です。

 

鳥居のくぐり方

神社を訪れる際に、特に意識することなく鳥居をくぐる人が多いと思います。鳥居は神域への入り口です。鳥居をくぐるときは以下の作法にのっとり、一礼したうえで足を進めましょう。

 

また、鳥居は一箇所だけとは限りません。1つの神社で複数存在する場合もあります。面倒と思われますが、そのつど一礼を心がけましょう。

 

鳥居の前で一礼

鳥居をくぐる前に中央ではなく左右どちらかに寄り、一歩手前で立ち止まり、心を落ち着かせてから一礼します。会釈する感覚で構いません。

 

外側の足から鳥居をくぐります

鳥居をくぐるときは、中央から離れている外側の足から踏み入れるそうです。たとえわずかでも中央におしりを向けることがないようにするための作法なのだそうです。

 

鳥居の中央は神さまの通り道とされています。そのため私たちが堂々と歩くのは遠慮しましょう。

 

鳥居の上に石を置くと願いが叶う?

いつからか鳥居の上に石を投げて乗せると願いが叶うという俗信が生まれました。しかし、投げ上げる際に危険ですし、上に乗った石がいつ落下するかわかりません。参拝者として慎むべき行為ではないでしょうか。歴史ある鳥居の美観を損ない、破損させる原因となります。鳥居は神社の玄関です。私たちも家の玄関に石を投げられたら嫌ですよね。