ツヌグイ・イクグイはどんな神さま?描かれる姿と伝承。ご利益・神社紹介

角杙神・活杙神

角杙神・活杙神「Art Mochida Daisuke

 

名称
古事記

角杙神(ツヌグイノカミ)
活杙神(イクグイノカミ)

先代旧事本紀

角樴尊(ウイジニノミコト)
活樴尊(スイジニノミコト)

神格
生成神
ご利益
開運招福 五穀豊穣 厄除け
新月と満月の日に祈祷師が作る「金運護符」※20名限定

生物が育つ環境が整ったことを表す神さま

『古事記』では神世七代の第4代の神。兄を角杙神(ツノグヒ神)、妹を活杙神(イクグヒ神)と記されます。

 

先代のウヒジニ神、スヒジニ神は泥と砂を表しており、泥土が段々固まってきたことにより、命が発成し育つ環境ができたことを示します。

 

その泥土から出てきたのがツヌグイ神とイクグイ神です。ツヌグイは角(つの)そしてイクグイは、杭(くい)のように見えたとされます。

 

兄と妹と記されるが、古代日本では「妹」は血縁者としての妹だけではなく、「愛しい人」という意味もあることから夫婦神とも考えられます。

 

地面に「杙(クイ)」を打つことで、土地の境界線を示す神ともされます。

 

「グヒ」が植物が芽生える意味で、「活ぐむ」は生育しはじめるの意とし、泥の大地に「クイ」が立つことからはじめの人間など説は様々です。

 

記される情報も少なく謎の多い神さまです。

 

神代七代
第1代 国之常立神(クニノトコタチノカミ)
第2代 豊雲野神(トヨクモノノカミ)
第3代 宇比地邇神(ウヒヂニ)、須比智邇神(スヒヂニ)
第4代 角杙神(ツノグヒ)、活杙神(イクグヒ)
第5代 意富斗能地神(オホトノヂ)、大斗乃弁神(オホトノベ)
第6代 於母陀流神(オモダル)、阿夜訶志古泥神(アヤカシコネ)
第7代 伊邪那岐神(イザナキ)、伊邪那美神(イザナミ)

 

神代七代で最初に現れた神は、国之常立神、次に豊雲野神)。この二柱は独神とされます。次に、男女五組の神が現れました。

 

この国之常立神から伊邪那美神までを神世七代と言います。

ツヌグイ・イクグイを祀る神社

根小屋七代天神社 茨城県石岡市根小屋416
恵比寿神社 東京都渋谷区恵比寿西1-11-1
物部神社(境内末社) 島根県大田市川合町川合1545
十三神社 和歌山県海草郡紀美野町野中493
十二柱神社 徳島県阿波市吉野町柿原小笠155
宮浦宮 鹿児島県霧島市福山町福山2437

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2022年2月1日(火)


金運や恋愛運など強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

新月と満月の日に祈祷師が作る【金運・恋愛運護符】

※締切日1月31日23時まで