国之常立神はどんな神さま?描かれる姿とご利益・神社紹介

国之常立神

国之常立神「Art Mochida Daisuke

国之常立神とは?

『古事記』における神世七代の最初の神。独神とされ姿を現さなかったと記される。『日本書紀』では天地開闢の際に最初に出現した神とされ、「純男(陽気のみを受けて生まれた神で、全く陰気を受けない純粋な男性)」の神であると記されます。

祈祷師が満月と新月の日に作成する「金運護符」
名称
古事記 国之常立神
日本書紀 国常立尊
別称 国底立尊
神格
国土形成の根源神
ご利益
国土安穏 開運招福 立身出世 商売繁盛
悪霊退散 厄除け 病気治癒 縁結び
神代七代
第1代 国之常立神(クニノトコタチノカミ)
第2代 豊雲野神(トヨクモノノカミ)
第3代

宇比地邇神(ウヒヂニ)
須比智邇神(スヒヂニ)

第4代

角杙神(ツノグヒ)
活杙神(イクグヒ)

第5代

意富斗能地神(オホトノヂ)
大斗乃弁神(オホトノベ)

第6代

於母陀流神(オモダル)
阿夜訶志古泥神(アヤカシコネ)

第7代

伊邪那岐神(イザナキ)
伊邪那美神(イザナミ)

神世七代の一代目にあたる神

クニノトコタチノカミ

出典:国之常立神「日本の神々辞典」

 

高天原に最初に現れた特別な神(別天神)のあとに現れる根源神(神世七代)の初代にあたる神さまです。

 

「日本書紀」には混沌とした宇宙に天ができあがり、地が固まったとき、その天と地の間に葦の芽のような形をして現れ、それがクニノトコタチ神になったと書かれています。

 

神名にある「国」は天に対する地の意味で、また「常」は底のことで土台を意味し、永久不変や確固とした基礎と解釈できます。

 

そういう意味でクニノトコタチ神は生命現象が営まれる国土、大地の永遠性を象徴しています。大地の神はほかにもいますが、根源神という性格から国土における営為すべてをバックアップできる神霊であるといえるでしょう。

 

伊勢神道では天之御中主神、豊受大神とともに根源神とされており、吉田神道では太元尊神としてクニノトコタチ神を祀り、その流れを汲む神道諸派でもクニノトコタチ神を重要な神としています。

クニノトコタチノカミが祀られている神社

日枝神社 東京都千代田区永田町2-10-5
大島神社 東京都目黒区下目黒3-1-2
御嶽神社 長野県木曽郡王滝村3315
玉置神社 奈良県吉野郡十津川村玉置川1
熊野速玉大社 和歌山県新宮市新宮1
山津照神社 滋賀県米原市能登瀬390

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2022年5月30日(月)


金運や恋愛運など強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

新月と満月の日に祈祷師が作る【金運・恋愛運護符】

※締切日5月29日23時まで