スポンサード リンク

クニノトコタチノカミのご利益や特徴

 

別称

  • 国之常立神(古事記)
  • 国常立尊(日本書紀)
  • 国底立尊

神格

  • 別天津神
  • 国土形成の根源神

性別

  • 独り神(ひとりがみ)

ご利益

  • 国土安穏
  • 出生成功
  • 開運招福
  • 商売繁盛
  • 悪霊退散
  • 厄除け
  • 病気治癒
  • 縁結び
 

スポンサード リンク

クニノトコタチノカミ

神世七代の一代目にあたる神

高天原に最初に現れた特別な神(別天神)のあとに現れる根源神(神世七代)の初代にあたる神様で、日本の神々の最高位のグループに属しています。「日本書紀」には混沌とした宇宙に天ができあがり、地が固まったとき、その天と地の間に葦の芽のような形をして現れ、それがクニノトコタチ神になったと書かれているそうです。

 

神名にある「国」は天に対する地の意味で、また「常」は底のことで土台を意味し、永久不変や確固とした基礎と解釈できます。そういう意味でクニノトコタチ神は生命現象が営まれる国土、大地の永遠性を象徴しています。大地の神はほかにもいますが、根源神という性格から国土における営為すべてをバックアップできる神霊であるといえます。

 

様々な神道で中心的な神

代表的な神道流派の吉田神道では宇宙の太元尊神としてクニノトコタチ神を祀り、八百万の神の中心に置いています。伊勢神道でも宇宙の根源神として、重要な役割を担っているとされます。さらには教派神道の大本教は、「艮の金神」と呼ばれる根本神をクニノトコタチ神としています。

クニノトコタチノカミが祀られている神社

 
日枝神社

東京都千代田区永田町2-10-5

大島神社

東京都目黒区下目黒3-1-2

御嶽神社

長野県木曽郡王滝村3315

熊野速玉大社

和歌山県新宮市新宮1

玉置神社

奈良県吉野郡十津川村玉置川1

山津照神社

滋賀県米原市能登瀬390