スポンサード リンク

カミムスビのご利益や特徴

 

別称

  • 神産巣日神(古事記)
  • 神皇産霊尊(日本書紀)
  • 神魂命(出雲国風土記)
  • 神皇産霊命(かみむすびのみこと)

神格

  • 造化三神・別天津神
  • 生成力の本源神
  • 出雲の神々の祖神
  • 農耕神

性別

  • 独り神(ひとりがみ)

ご利益

  • 豊作
  • 縁結び
  • 厄除け
  • 開運招福

関連神

 

スポンサード リンク

カミムスビについて

造化三神の一柱

カミムスビ神はアメノミナカヌシ神、タカムスビ神についで高天原に現れた神とされます。「産霊(ムスビ)」の名を持つことから万物生成の働きを象徴する神さまです。特に大地母神的な性格が『古事記』に記されています。

 

神話ではアマテラス大神によって高天原を追放されたスサノオ尊が出雲に降りる途中でオオゲツヒメ神に食べ物を求めました。そこでオオゲツヒメ神は口や鼻、尻からご馳走を取り出してスサノオ尊の前に並べました。それを見たスサノオ尊は「そんな汚いものを食わせるのか!」と怒り、オオゲツヒメ神を殺してしまいました。すると死体の頭から蚕、両目から稲種、両耳から粟、鼻から小豆、陰部から麦、尻から大豆が生じたそうです。そこへカミムスビ神が現れ、それらをとって種としたといわれます。

 

カミムスビ神は出雲と深く関係しているとされます。「出雲国風土記」では御祖命(みおやのみこと)と呼ばれ、出雲の神々の母なる神として崇拝されます。「古事記」ではオオクニヌシ命が活躍する出雲を舞台にした神話にたびたび登場します。

 

オオクニヌシ命が八十神に謀殺されたとき、貝の女神を天上からつかわせて蘇生させ、その後自分の子供であるスクナヒコナ命をパートナーにさせ、自らが命じた国づくりのサポートさせました。また、国譲りのあとにオオクニヌシ命が住んだ杵築大社の造営にもかかわるなど、神話伝承のなかでもカミムスビ神は出雲と深く関係するとみられます。

 

しかし、この神がタカミムスビ神とともに古くから皇室の大嘗祭や祈年祭などで祀られる重要な神霊であり、本質的にタカミムスビ神と同一神格とも考えられることから、皇室に関係の深い神だったとされます。古くから宮廷祭祀の重要な神とされていますが、民間では祭神として祀る神社は限られており、あまり一般的な神様ではありません。祭神として祀られている場合はタカミムスビ神と一緒に祀られていることが多いです。

カミムスビを祀る神社

 
出雲大社

島根県出雲市大社町杵築東195

安達太良神社

福島県本宮市本宮舘ノ越232

八所神社

山形県東置賜郡川西町大字吉田字先達前3023-1

東京大神宮

東京都千代田区 富士見2-4

四柱神社

長野県松本市大手3-3-20

高牟神社

愛知県名古屋市千種区今池1-4-18

阿羅波比神社

島根県松江市外中原町38

御祖神社

福岡県北九州市小倉北区妙見町17-2