アメノミナカヌシのご利益や特徴

 

天之御中主神イメージ

『別称』
  • 天之御中主命(あめのみなかぬしのみこと)
  • 天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)
  • 妙見菩薩(みょうけんぼさつ)
『ご利益』
  • 安産
  • 長寿
  • 招福
  • 出世開運
  • 学業上達
  • 技術向上
  • 海上安全
  • 厄除け
  • 病気治癒
  • 中風病退除
  • 養蚕守護
『神格』
  • 造化三神・別天津神
  • 宇宙の根源神
 

アメノミナカヌシについて

古事記に基づく天地開闢

Wikipedia「天地開闢」より

 

八百万の神の頂点

「古事記」では造化三神の1柱で別天神五神の第一神。天は宇宙、御中は真ん中、主は支配するといった意味で、文字通り宇宙の中心に在り、無と有の境界に現れた神さまです。天地開闢(てんちかいびゃく)の際に高天原に最初に出現しました。

『天地初めてひらけし時、高天原に成りし神の名は天之御中主神』

これ以外にアメノミナカヌシ神に関する記述はないそうですが、名前だけで普通の神さまでないことがわかりますね。

 

その証拠に、様々な神道流派でもアメノミナカヌシ神を神々の体系の中心的な神格と位置づけ、全智全能を備えた至高神とする考え方は共通しています。

神仏習合で妙見菩薩に

神話に登場する日本の神さまは、時代によってその表情を変化させることが多く、アメノミナカヌシ神も同様で近世以降、仏教と習合して妙見さん(妙見菩薩)と呼ばれ多くの庶民に親しまれるようになりました。

 

「天の中心の至高神」という性格が、中国の道教の影響を受けた北極星信仰と結びつき、室町時代以降、日蓮宗において盛んになった妙見信仰と集合しました。

 

妙見信仰は北極星や北斗七星を崇めるもので、北極星を最高神として神格化し、仏教の菩薩の称号を与えられて妙見菩薩と呼ばれるようになったそうです。

 

妙見菩薩のもつ全知全能の性格によって、衆生の苦しみが救われるというのが妙見信仰とされます。妙見さんとしてこの神を祀るのが妙見社(宮)で各地に存在し、星祭りの信仰があります。

 

妙見さんのご利益は長寿、息災、招福とされています。また眼病の神としても信仰があります。また、アメノミナカヌシ神は安産、子育ての神さまとして有名な水天宮にも祀られています。

アメノミナカヌシを祀る神社

相馬神社 札幌市豊平区平岸2条18-1-1
函館水天宮 函館市東雲町134-2
九戸神社 岩手県九戸郡九戸村長興寺第1地割10
日高神社 岩手県奥州市水沢日高小路13
相馬中村神社 福島県相馬市中村字北町140
東京水天宮 東京都中央区日本橋浜町2-30-3
秩父神社 埼玉県秩父市番場町1-3
千葉神社 千葉県千葉市中央区院内1-16-1
名草神社 兵庫県養父市八鹿町石原1755
葛城神社妙見宮 福岡県築上郡築上町奈古113
八代神社 熊本県八代市妙見町405
幣立神宮 熊本県上益城郡山都町大野712

その他各地の妙見社(宮)など

 

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年8月8日(日)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日8月7日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら