スポンサード リンク

久久能智神「くくのちのかみ」の神格やご利益

 

別称

  • 久久能遅神
  • 木祖神(きのおやがみ)

神格

  • 木の神

ご利益

  • 厄除け
  • 国土開発
  • 山林業守護
 

スポンサード リンク

久久能智神はどんな神さま?

木の生命力を司る神さま

ククノチ神は木の神さまです。ただ、この神さまは単に木の精霊ということだけではなく、もっと根源的な大地の生命力そのものの神格化です。

 

『古事記』では、イザナギ命・イザナミ命が自然の神々を生んだときに現れた木の神です。ククノチノ神が生まれた後に、山の神オオヤマヅミや野の神カヤノヒメが生まれたそうです。ククノチ神がこの2柱に先立ち生まれてきているのは、まず山を緑で覆う生命力が満ちることを象徴する神だからとされています。

 

神名の「クク」とは草木の茎や幹が立ち伸びることを表し、「チ」は男性的な霊(ち)を意味してます。これは男根が膨張し、立ち伸びて立派に姿になることを連想させます。つまり、勢いのいい生命力の様子を表していることになります。そこから、ククノチ神は樹木を勢い良く育成する霊力を発揮するということになります。

 

日本には、木や森の神さまを祀る神社が数多くあります。昔から木は天上に住む神さまが、地上に降臨するときの寄り代と考えられてきました。それが神社のご神木であり、そうした霊樹として祀られる種類には【杉・楠(くすのき)・欅(けやき)・桜・楢・椿・樺】などがあります。それらの生命力を司るのもククノチ神とされます。

 

北海道の苫小牧市にある樽前山神社があります。この神社は明治初期の開拓時代に、樽前山とその周辺の原野の開発をすすめる時に、山を司る神としてオオヤマヅミ神。原野を司る神としてカヤノヒメ命。そして木々を司る神としてククノチ神を祀ったというのが始まりとされています。

 

日本中に木々の緑を溢れさせる神さまであるククノチ神は、木種の神であるスサノオ尊や、その御子であるイソタケル命やオオヤツヒメ命とともに、民間では山林業の祖神として信仰されています。

久久能智神を祀る神社

 
公智神社

兵庫県西宮市山口町下山口3-14-30

比々多神社

北海道苫小牧市高丘6-49

志等美神社

三重県伊勢市辻久留1-13