スポンサード リンク

神大市比売(かみおおいちひめのみこと)の特徴とご利益

 

別称

  • 大市比売生命
  • 市姫神
  • 市神

神格

  • 市場の神
  • 五穀神

ご利益

  • 百貨店の神
  • 商売繁盛
  • 開運招福
  • 女性守護

関連神

 

スポンサード リンク

神大市比売について

市場の繁栄を守護する女神

カミオオイチヒメ命は、山の神オオヤマヅミの娘で、スサノオ尊と結婚し、オオトシ神、ウカノミタマ神という代表的な穀物神を産んでいます。そこからこの神は、五穀の神(穀霊)の性格を基本に持っている事がわかるが、実際にその霊力が発揮されているのは市場の守護神という姿です。「神大市」という名前が意味するのは、「神々しい、立派な市場」です。

 

市場のルーツに関する伝説としては、推古天皇の時代に聖徳太子が市場を作らせ商売の方法を広めたというものがあります。文献に最初に登場するのは『日本書紀』や『万葉集』の記述で、大和国(奈良県)の海拓榴市(つばきいち)、軽市(かるのいち)、河内国(かわちのくに)(大阪府)の餌香市(えがのいち)、阿斗桑市(あとくわのいち)などの名前があります。

 

都市が形成され、人の往来が大きく増加した奈良時代に、本格的な市場の形態が成立したと考えていいでしょう。

 

古来、道と道が交差する場所をチマタ(巷、街)と言いました。チマタには人々が集まり、物が集散し、市場が形成されました。全国に大市の名前が付く地名が残っているのは、古くは市場が形成された事と関係があります。

 

市神の顔を持つ神さまは多彩

オオイチヒメ命と同じように、市の神としての顔を持つ神さまが日本にはたくさんいます。まず、稲荷神として知られるウカノミタマ神は、百貨店の屋上に祀られていたり、各地の市神として祀られる事が多いです。

 

それに財福守護の弁天様と同神とされるイチキシマヒメ命、エビス神と同神とされるヒルコ命やコトシロヌシ命、大黒様のオオクニヌシ命など。要するに名だたる日本の商業神の勢ぞろいということになります。

 

山の恵みを交換する場所

古代の日本において市場とは、山菜などの山の恵みを交換する場所であったとされます。この背景からも、山の神であるオオヤマヅミ神の娘であるカミオオイチヒメ命が、市場の神という事は自然な経緯に思われます。

 

その他にも古代の市では巫女が神の神託によって、交換する物の価値を決めていたという話もあります。

 

神大市比売を祀る神社

 
市比売神社

京都府京都市下京区 河原町五条下ル一筋目西入

大内神社

岡山県備前市香登本1249

 

その他各地の市比売神社