スポンサード リンク

栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)特徴とご利益

別称

  • 萬幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)

神格

  • 織物の加味

ご利益

  • 織物業守護
  • 子宝
  • 安産

関連神

  • 親神:高皇産霊神(古事記)
  • 兄神:思兼命(日本書紀)
  • 夫神:天忍穂耳命
  • 子神:瓊瓊杵尊
  • 子神:天火明命
 

スポンサード リンク

栲幡千千姫命はどんな神さま?

美しい織物の女神

タクハタチヂヒメ命はとても美しい女神です。
『古事記』は、高木神(タカミムスビ神)の娘で、アマテラス大神の長男であるアメノオシホミミ命と結婚して、ニニギ尊を生みました。

 

名前の「タク」とは白膠木(ぬるで)の事で、これは秋の紅葉が美しいうるし科の低灌木を、「ハタ」は機織り機、「チヂ」は縮む状態を意味しています。つまり、織り地が縮んでいる色鮮やかで美しい織物を司る神さまです。

 

古から織物は女性によって行われてきました。それは神話にも反映されており、アマテラス大神の神聖な織屋で織るのは機織女(はたおりめ)です。また、民間伝承で機織りの美しい乙女が人間界と異界を結ぶ役割として登場したり、古代では村のお祭りで乙女が神の衣を織る儀式を行っていました。

 

こうした機織りの女性は神さまに仕える巫女をイメージさせます。

 

タクハタチヂヒメ命は別名で「萬幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)」と呼ばれます。「萬幡」を多くの織物、「豊秋津」を穀物の豊かに実る秋の意味から、穀物と織物の神さまという性格を示しています。

 

子神に若々しい生命力をもつ穀霊であるニニギ尊を生むことから、タクハタチヂヒメ命は女神の象徴と、「生む力」がその性格に反映しています。

栲幡千千姫命を祀る神社

 
鹽澤神社(織幡御前神社)

福島県二本松市上原53

椿大神社

三重県鈴鹿市山本町1871

泉穴師神社

大阪府泉大津市豊中町1-1-1