スポンサード リンク

埴山姫命「はにやまひめのみこと」の神格やご利益

 

別称

  • 埴山毘売神
  • 埴安神

神格

  • 土の神
  • 陶器の神

ご利益

  • 田畑の開墾守護
  • 陶磁器業守護
  • 子宝・安産守護
 

スポンサード リンク

埴山姫命はどんな神さま?

祭祀用の特別な器をつくる土の神様

ハニヤマヒメ命は土を司る神さまです。肥沃な(ひよく)田畑の土、陶器を作る粘土もその支配の範疇で、農業・陶磁器製造業・造園業・土木関係の職業などに縁の深い神さまです。

 

『日本書紀』では、ハニヤマヒメ命はイザナミ命が日の神カグツチを生んだときに火傷をし、死ぬ直前に水の神ミズハノメと共にハニヤマヒメ命を生みました。

 

「ハニ」とは赤土の粘土を意味し、古代には陶器や瓦の原料とされ、衣になすりつけて模様を付けることに用いられました。こうした名前に託された意味からすると、ハニヤマヒメ命のもつ中心的な性格として、粘土を用いて器をつくる作業をつかさどる陶器の祖神の姿が見えてきます。

 

豊穣や鎮火の力も持つ

ハニヤマヒメ命は、祭祀に用いる祭具の製造に関わる神さまです。その祭具は、どのように使われたかというと、古代においてはもっとも重要だった五穀豊穣を願う祭祀です。ハニヤマヒメ命は水の神ミズハノメとともに生まれています。穀物の成育には土壌と水のエネルギーが不可欠です。

 

埴土(はにつち)を水で練って作られた祭具は、土と水の霊力を象徴しています。それを用いて日の神を祀ることによって、作物の成育に必要なエネルギーはより一層強くなります。

 

古代の人々はこのように新たなエネルギーを生む儀式を行うことによって作物が順調に育ち、豊かに実ることを願ったとされます。

 

昔からハニヤマヒメ命は、田んぼの畦(あぜ)や川の堤などに守護神として祀られています。田畑の土壌を司ると同時に、堤防の堅固を保ち、川の氾濫による災害から作物を守ってもらうことを人々は願いました。

 

特にハニヤマヒメ命は、九州地方で田の畦を守る神として祀られることが多いです。

 

そうした役割からすれば、ハニヤマヒメ命は単に土の神というだけでなく、作物の実りをもたらす神さまであると言えます。そのためこの神さまは食物神のトヨウケ大神と一緒に祀られている場合も多いです。

 

陶器の神であるとともに、田畑の土壌に宿って穀物の豊作をもたらす神さまとされます。

 

また、もう1つハニヤマヒメ命の特徴的な性格といえるのが、その出生からして火の神との関わりが深いことです。『延喜式』に収録されている鎮火祭(ひしずめのまつり)の祝詞では、イザナミ命が火の神の驚異的な力を鎮める役割をする神さまとして水神とともに生んだと伝えており、ハニヤマヒメ命の鎮火の霊力がはっきりと示されています。

埴山姫命を祀る神社

 
大井神社

静岡県島田市大井町2316

愛宕神社

京都府京都市右京区嵯峨愛宕町1

迩幣姫神社

島根県大田市長久町土江1