スポンサード リンク

奥津彦命・奥津姫命のご利益や特徴

 

別称

  • 大戸比売神(おおべひめのかみ)

神格

  • 竈の神
  • 火の神

ご利益

  • 防火
  • 家族・家畜守護
  • 招福
  • 豊作

関連神

 

スポンサード リンク

奥津彦命・奥津姫命について

竈の神さまと同神

オキツヒコ命・オキツヒメ命のニ神を併せたまたの名を大戸比売神(おおべひめのかみ)といい、日常の食べ物を煮炊きする命をつなぐ大事な竈(かまど)を司る神さまとされます。昔は朝廷からも篤く崇敬され、台所の守護神としても一般家庭の間でも祀られていました。近年の家庭の台所は電化製品に占められていて、火の気があるものはガス器具だけのようになりました。そのためf現代の若い世代は「かまど」や「へっつい」といってもわからない方が多いと思います。オキツヒコ命とオキツヒメ命は煮炊きする際に薪を使っていた時代、その台所で扱う火に宿る神霊であり、一般にはカマド神として知られています。

 

古来、日本では家の中に様々な神さまがいると考えられており、それぞれが家の守り神と信じられていました。家の守り神として水神、厠神、納戸神、箒神とありますが、もっとも代表的な神さまがカマド神でした。

 

カマド神は私達の祖先が土間で火を使う生活を始めた時から信仰されていた古い神さまです。台所の火を司るカマド神は、その火を使って調理される食物を通し、その家族の生活すべてを支配する力をもつと考えられていました。そのため火伏せの神だけではなく、作神(豊穣神)として家族を守護するものとして信仰されています。現在でも地方の家には台所に神棚が設けられ、お札が貼ってあります。

 

清浄を尊び不浄を嫌う荒神

民間信仰のカマド神は穢れに敏感で、人がその意に反した行いをすると激怒し、恐ろしい祟をなすと信じられています。このことから荒神と呼ばれている場合が多いそうです。荒神というのは火所を守護する三宝荒神のことで、主に修験道や日蓮宗が祀った神仏習合の神さまです。如来荒神、鹿乱荒神、憤怒荒神のこととされ、仏教信仰の柱である仏・法・僧の「三宝」を守るのが役目です。

 

清浄と尊び不浄を嫌うという非常に潔癖な性質を持つカマド神は、基本的に家つきの土着てきな神さまであることから、火伏せ、農作の守護、結婚から育児、家族の健康や安全、家畜の守護まで家族の生活にかかわるあらゆることを守護する機能を持っています。そのことから家族の生死や寿命、幸福、家の盛衰を左右する力があるとされています。

 

オキツヒメ命とオキツヒメ命の基本的な性格は火の神ですので、神道ではこのニ神に火の神カグツチを加えた三神を一座として、カマド神としています。その意味では、火の神を祀る愛宕神社や秋葉神社などのお札をいただいて、家の台所に祀っても同じ神徳が発揮されるとされます。

奥津彦命・奥津姫命を祀る神社

 

もともとが家の台所に宿る神さまであるためなのか、他の神道の神さまのように神社に祀られている例はみられないようです。