スポンサード リンク

大年神(おおとしのかみ)

 
『別称』
  • 大歳神
『神格』
  • 農業神
  • 穀物神
『ご利益』
  • 諸産業降昌
  • 家内安全
  • 開運
  • 除災招福
  • 夫婦和合
  • 縁結び
  • 厄除け
関連神
 

スポンサード リンク

大年神について

豊年満作を約束するめでたい神さま

「古事記」ではオオヤマヅミ神の娘のカミオオイチヒメ命とスサノオ命が結婚し、オオトシ神とウカノミタマ神を生んだとされます。名前の『年』は祈年祭(としごいまつり)のトシで、豊年をつかさどる霊力を象徴しています。

 

年神には「大年(大晦日)の客」と呼ばれる昔話が日本各地にあります。

昔、あるところに貧しい家がありました。大晦日の晩に、大変貧しい身なりの人が一晩の宿のを求めてやってきたので、親切な家人は土間にむしろを敷いて寝かせてあげました。

 

翌日、目覚めてみるとその人の姿はなく、代わりにむしろの上にたくさんのお金が残されていました。そのおかげで、貧しい家は非常に裕福になりました。

 

その話を聞いた村人は「年神様がきたのだ」と言い、あやかるために大年に年神さまを祀るようになったそうです。

これは年神を祀るようになった由来を伝える話です。この話に登場する不思議な客は、去来神(来訪神)そのものであり、つまり、常世国からやってきた福の神のような神霊です。

 

そこに農耕神(穀霊)の性格が加えられた存在がオオトシ神であると考えられています。

 

お正月にやってくる神さま

正月に迎える年神は、稲作に関わる神さまです。現在も農家ではこの神さまを祀る伝統が色濃く残っているそうです。新年の伝統的な風景である松飾りや供え餅など、正月の飾りや行事などの多くは、もともとが年神を祀る習俗からきています。

 

また、年神は祖霊信仰とも密接に関係しています。実際に豊作の守護神である年神を、家を守ってくれる祖霊と同じようにとらえ、正月に先祖様が帰ってくるとして家の中に年神棚を設けて祀る地方もあるそうです。

 

オオトシ神、あるいは年神さまは、立派な神社から田んぼ脇の小さな祠まあで各地に無数にあり、五穀豊穣祈願の神として信仰されています。

大年神を祀る神社

 
下谷神社

東京都台東区東上野3-29-8

大歳御祖神社

静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1

阿多由太神社

岐阜県高山市国府町木曽垣内1023

飛騨一宮水無神社

岐阜県高山市一之宮町一の宮上5323

香良洲神社

三重県津市香良洲町高砂3675-1

大和神社

奈良県天理市新泉町306

大穴持神社

鹿児島県霧島市国分広瀬1090