スポンサード リンク

お伊勢さま

 

天照大神(あまてらすおおみかみ)

天照大御神の絵

 

『別称』
  • 天照大御神
  • 天照皇大神
  • 大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)
  • 大日女尊(おおひるめのみこと)
  • 大日霊(おおひるめ)
  • 大日女(おおひめ)
『ご利益』
  • 国家安泰
  • 子孫繁栄
『神格』
  • 太陽神
  • 皇祖神
  • 日本の総氏神

神使:鶏(にわとり)

アマテラス大神の神使はにわとり

『関連神』
 

スポンサード リンク

お伊勢さまについて

日本の総氏神として祀らるれる太陽神

天照大神は別称で「お伊勢さま」と呼ばれます。そしてこの神霊を分配して祀る神社のことを神明社といい、そこから「神明さま」という呼ばれ方もされるようになりました。日本人の生活の中にもっとも深く浸透している神さまです。

 

八百万(やおよろず)の神々の中でトップランクに位置することで日本の総氏神ともいわれています。天照は文字通り”天に照り輝く太陽”を意味しています。その名に象徴されるように太陽神の女神であり、日本の皇室の祖神としても祀られています。

 

太陽のエネルギーは地球上の生命にとって必要不可欠です。太陽の光がなくなれば、人も動植物も生きていけません。そういう太陽を人類が恐れ、敬う心を持つことは当然で、こうした太陽信仰は世界中に存在します。日本では古くから太陽を「日の神」として信仰し、天照大神もそうした日の神から発展した神霊とも考えられているそうです。

天岩戸神話の主役

アマテラス大神の弟であるスサノオ尊のイタズラに怒ったアマテラス大神は天岩戸に隠れてしまいます。すると世の中は闇に覆われ、世界中で悪霊が暴れまわりさまざまな災いが起こりました。

 

困った他の神さまたちは天岩戸の前にさまざまお供え物を用意し、みんな踊ったり騒いだり大笑いしてアマテラス大神の関心を誘います。騒ぎに興味をもったアマテラス大神は天岩戸から出てくると、世界に光が満ち溢れ、悪霊も鎮まり一切の災いも消え去るというお話です。

 

アマテラス大神の天岩戸隠れ神話は、太陽エネルギーを失うと地上すべての生命が衰退していくことを象徴しています。太陽が現れることですべての生命体が復活するというのが、この神話の重要なテーマとなっています。

お伊勢さまを祀る代表的な神社

 
伊勢神宮

三重県伊勢市宇治館町1

天岩戸神社

宮崎県西臼杵郡 高千穂町岩戸1073-1

檜原神社

奈良県桜井市三輪1422

全国の皇太神社・神明社