エビス様(蛭子命)ご利益

スポンサード リンク

蛭子命(ひるこのみこと)

 

蛭子命

別称
  • 恵比寿、恵比須(えびす)
  • 戎大神(えびすおおかみ)
  • 西宮大神(にしのみやおおかみ)
神格
  • 漁業の神
  • 商業の神
  • 市場の神
  • 農業の神
  • 交易の神
ご利益
  • 豊漁繁栄
  • 航海安全
  • 金運良好
  • 交通安全
  • 心願成就
関連神
 

スポンサード リンク

蛭子命について

伊邪那岐と伊邪那美の最初の子

『古事記』ではイザナギ神とイザナミ神の最初の子として生まれた神とされています。生まれた時から身体が不自由だったことから葦舟に乗せて海に流されたとあります。『日本書紀』では3歳になっても脚が立たないので、楠で作った船に乗せて流したとされています。神話では捨てられたヒルコ命のその後の運命は語られていませんが、常世の国に渡ったのだろうとされています。

 

エビス信仰本拠地の西宮神社の伝説では、海に流されたヒルコ命は海を漂ったのち摂津国西の浦の海岸に漂着します。土地の人びとはヒルコ命を大事に養い育て、夷三郎(えびすさぶろう)殿と呼び、のちに夷三郎大明神、戎大神として祀られるようになったとされます。こうしてヒルコ命はエビス神として信仰されるようになりました。

 

島国である日本は古来から新しい文化は海からやってきます。宗教的に言うと「文化」は「神」と置き換えることができ、海の彼方からやって来た神を【来訪神】といいます。日本の沿岸地域では海からの漂着物をエビス神と呼び、人々はその来訪神を豊かさと幸福をもたらす守護神と思い、この地に定住してもらえるように大事に祀ってきました。

 

ヒルコ命は民俗的なエビス信仰と結びついて海の神として信仰されるようになりましたが、商業の発達する室町時代には物や人が集まる市場が形成されると、市神として大阪の商人たちの間で商売繁盛の神として崇敬されるようになりました。

 

西宮神社のエビス信仰が全国的に広まった理由として、同社に所属する人形操りを特技とする「傀儡師集団」があります。芝居や演芸の一座と同じように日本各地を巡り歩き、出し物としてエビス神の神徳や縁起をテーマにした恵比寿舁きや恵比寿回しといった演芸を見せて人々を楽しませたそうです。その結果、今日のような庶民的な信仰が全国に広まったとされます。

 

不具の子にまつわる神話は世界各地に見られますが、一度死んだ神を後世に蘇生させて伝説や信仰の対象になった例はとても珍しいそうです。

蛭子命を祀る神社

 
西宮神社

兵庫県西宮市社家町1-17

蛭子神社

神奈川県鎌倉市小町2-23-31

蛭子神社

徳島県徳島市南沖洲1-2

西宮神社

栃木県足利市西宮町2931

 

その他、全国の恵比寿・戎・夷・蛭子神社

 

 

 
スポンサード リンク
page top