素盞鳴尊(すさのおのみこと)のご利益と神社

素戔男尊(八百万の神々カード)

素戔男尊(八百万の神々カード)

 

名称
古事記

建速須佐之男命
(たけはやすさのおのみこと)
速須佐之男命
須佐之男命

日本書紀

素戔男尊
素戔嗚尊等
須佐乃袁尊

別称

神須佐能袁命
(かむすさのおのみこと)
須佐能乎命
牛頭天王
祇園さま

神格
農業神 防災除疫の神 歌人の神 木の神
根の国神
ご利益
縁結び 学問上達 文学上達 病難除去
水難除去 火難除去 五穀豊穣 厄除け
商売繁盛 病気平癒 林業守護
関連神
生み神 伊邪那美命
姉神 天照大神
弟神 月読尊

 

妻神と御子
櫛名田比売

八島士奴美神
大己貴神

神大市比売

大年神
宇迦之御魂神

佐美良比売命 -
アマテラス大神との誓約によって生まれた五男三女神
男神

正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命
天之菩卑能命
天津日子根命
活津日子根命
熊野久須毘命

女神

多紀理毘売命
市寸島比売命
多岐都比売命

 

500円からできるメール占い。誰にも知られずあなたの不安や悩みを相談できます。

スサノオ尊はどんな神さま?

須佐之男命「歌川国芳」作

須佐之男命「歌川国芳」作

 

『古事記』によると、スサノオ尊はイザナギ命の禊によって生まれた三貴子(アマテラス大神・ツクヨミ命)の一神。妻はイナダヒメ命やオオイチヒメ命、御子はウカノミタマ神、オオトシ神、イソタケル命などがいます。スサノオ尊から五代後の孫がオオクニヌシ命とあります(出雲神話では子どもと伝わる)

 

『日本書紀』ではイザナギ命とイザナミ命の正式な神婚が成立する前に、ヒルコ神に続いてスサノオ尊が生まれたと記されます。

 

神名の「建」も「速」も勇猛を意味します。また「スサ」は荒ぶ、凄まじいに通じる言葉であり、その名の通り猛々しい神として知られています。

 

スサノオ尊が携える剣は十拳剣(とつかのつるぎ)や、退治したヤマタノオロチの尾から出た草薙剣。草薙剣はその後アマテラス大神に献上され、天孫降臨の際にニニギ尊に託されます。

 

神話から見えるスサノオ尊の姿はなかなか複雑で、あるときは乱暴者。あるときは英雄となり、多重人格的な性格を表しています。それゆえに変化に富んだ謎の多い神とされ、同時に人間のような俗っぽい雰囲気を感じさせる神さまです。

 

乱暴者?英雄?さまざまな顔を持つ神さま

スサノオ尊は神の住む高天原の秩序を乱す乱暴者として登場します。

 

父神のイザナギ命から海原の支配を命じられますが、その責務を放棄し母神イザナミが恋しいと泣き叫び続けます。その激しさは地上の樹木を枯らし、海を干上がらせ、世界に悪神をはびこらせ災いを招きます。そのためイザナギの怒りを買い、地上から追放されてしまいます。

 

高天原にいる姉のアマテラス大神に別れのあいさつに向かうと、アマテラス大神はスサノオ尊が攻めてきたものと勘違いし武装して迎えます。

 

スサノオ尊は挨拶に来たのだと説明しましたが、アマテラス大神は疑いが消えず、誓約(神聖な占い)で身の潔白の証明を求めます。

 

これにより和解しますが、高天原に来てからのスサノオ尊のいたずらはすさまじく、田んぼを壊したり、神殿に糞をしたり、極めつけが機屋に皮を剥いだ馬を投げ込むというイタズラによって機織り女を殺してしまいます。

 

これが原因でアマテラス大神は岩戸に隠れてしまいます。

 

スサノオ尊の蛮行に怒った高天原の神々は、罪の償いとしてスサノオの髭と手足の爪を切り、高天原から追放します。

 

高天原を追われたスサノオ尊は、その後出雲に降りますが、ここからのスサノオ尊は乱暴者から英雄へとイメージチェンジします。そのきっかけがヤマタノオロチ退治です。

 

追放されたスサノオは出雲に降り、そこで人身御供として食い殺されるのを待つ櫛名田姫(クシナダヒメ)と出会います。クシナダヒメの親神足名椎(アシナヅチ)と手名椎(テナヅチ)に退治したら嫁にもらうと約束し、見事に退治します。

 

その後、約束通りクシナダヒメを妻として幸せに暮らしていると、嬉しくて歌を読みます。これが日本で最初の和歌となったそうです。

「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」

(やくもたつ いずもやえがき つまごみに やえがきつくる そのやえがきを)

 

素戔男尊(日本の神々辞典)

須佐之男命(日本の神々辞典)

 

豊穣神や木の神という性格も

こうした出雲におけるスサノオ尊の原像は、穀物の豊穣を司る農業神と考えられます。そもそもスサノオ尊が退治したヤマタノオロチは、農耕と関係する山や水などの自然の象徴であり、一方のイナダヒメ命は稲田を象徴する穀霊です。

 

スサノオ尊が大蛇を退治するという話は、水を制御して稲の無事な実りをもたらすということを表しています。また、イナダヒメ命の原像は、田植儀礼で田の神をもてなす御子の役割の神格化と考えられています。

 

『出雲風土記』には、農耕民の信仰する素朴な豊穣の守護神としての姿がある。スサノオ尊には、そのうした基本的な性格が備わっているということでしょう。

 

地上へ降ったスサノオ尊は「木がないと子が困るだろう」と言い、自分の体毛を抜いて木に変え、樹種ごとの木の使い方を定めます。それを息子のイソタケル命、娘のオオヤツヒメ命とツマツヒメ命に伝え全国に植えさせたことから「木の神」としての性格も持ちます。

 

「牛頭天王 稲田姫」歌川国輝

『本朝英雄傳』より「牛頭天王 稲田姫」歌川国輝 画

 

防災除疫の神牛頭天王と結びつく

中世にはスサノオ尊は牛頭天王や武塔神といった行疫神と習合し、同一神とされます。

 

「天王さま」とは祭神の牛頭天王のことで、インドの祇園精舎の守護神、または新羅の牛頭山の神ともいわれる疫病除けの神です。この神さまは古くからスサノオ尊と同一神と考えられてきました。その結びつきについては『備後国風土記』の蘇民将来の伝承に次のように記されている。

 

昔、貧乏な蘇民将来と裕福な巨旦将来という兄弟のところに、旅の途中の汚れた身なりの牛頭天王がやって来て泊めてほしいと頼む。けちな弟は冷たく追い払ったが、兄の蘇民将来は暖かく迎えて手厚くもてなします。何年か後、再び訪れた牛頭天王は、兄の蘇民将来に子孫代々疫病にかからないための茅の輪(疫病除の呪符)を授けた。そのとき牛頭天王は「われはスサノオ尊なり」と名乗った。

 

スサノオと牛頭天王。どちらも大変強力な荒神に加え、疫病神的な性格が共通していることが両神を結びつけた大きな要因とされます。

 

スサノオ尊の疫病神的な場面として、高天原を追放される際に、長い髭や手足の爪を切られます。これは禊祓いと同じような意味を持つ一種の悪霊祓いの儀式であると考えられています。

 

そうした魔除けの呪法を体現する存在であったことから、スサノオ尊が疫病除けの神として信仰されるようになったとされます。

スサノオ尊を祀る代表的な神社

氷川神社 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
津島神社 愛知県津島市神明町1
津島神社 愛知県津島市神明町1
八坂神社 京都府京都市東山区祇園町北側625
素盞嗚神社 広島県福山市新市町戸手1-1
須佐神社 島根県出雲市佐田町須佐730
日御碕神社 島根県出雲市大社町日御碕455
八重垣神社 島根県松江市佐草町227

その他全国の八坂(弥栄)祇園、津島(天王)社、氷川系神社など

 

スサノオ尊を祀る神社の系統

祇園信仰
(八坂神社・広峯神社)

疫病除のご利益で庶民に広まる。総本社の1つ京都・八坂神社では神仏分離まで牛頭天王を祀っていた。

津島信仰
(津島神社)

東海地方を中心とした祇園信仰の1つ。屋根の上に牛頭天王を祀る「屋根神さま」という独特の信仰で知られる。

氷川信仰
(氷川神社)

関東を中心に信仰が広がっている。スサノオ尊を主祭神の一柱としている。出雲の系統とする説や水神を祀る信仰をルーツとする説も。

 

スサノオ尊が祀っている神社は、明治まで牛頭天王社と呼ばてていたところが多く、京都の八坂神社なども牛頭天王を祀ることから古くは祇園天神、祇園社とも呼ばれています。

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年11月05日(金)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日11月04日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら