菊理媛神はどんな神さま?描かれる姿と伝承。ご利益と神社も紹介

菊理姫

菊理姫「Art Mochida Daisuke

ククリヒメとは?

石川県の白山比咩神社の主祭神。神話ではイザナギ神とイザナミ神が言い争いをしているところへ仲裁に入り、その場を上手にとりなす和合の神として記されます。菊理媛の「くくり」は「括る」とされ、「縁結びの神」また「縁切りの神」としても崇敬を受けています。

祈祷師が満月と新月の日に作成する「金運護符」
名称

菊理媛神
(ククリヒメのカミ)
菊理媛命
(ククリヒメのミコト・キクリヒメのミコト)

別称

白山比咩神(しらやまひめのかみ)
白山媛命(しらやまひめのみこと)
白山さん

神格
白山の神 農業神 延命の神 縁結びの神
穢祓いの神 和合の神
ご利益
縁結び 安産・育児 家内安全 開運招福
交通安全 入試合格 除災 生業繁栄
命名 五穀豊穣 牛馬安産 縁切り

イザナギとイザナミの仲介役となった女神

菊理媛尊像

出典:菊理媛尊像「青木哥彦」

 

全国的に知られている神さまは日本神話で活躍している場合が多いのですが、ククリヒメノ神は「日本書紀」の一場面にのみ登場します。

 

それは黄泉の国から逃げ出そうとしたイザナギと、それを追ってきたイザナミ(黄泉大神)が黄泉平坂で言い争いをする場面です。

 

この時ククリヒメ神は、黄泉の国に通じる道の番人である泉守道者(よもつもりみちびと)と一緒に現れ、イザナギとイザナミ双方の話を聞いて、うまくこの場をとりなします。これによりイザナギは無事に帰ることができました。

 

ここでのイザナミは「死者の国」の代表者であり、イザナギは「生者の国」の代表者です。両神の仲介役としてそれぞれの言葉を聞き、調和を図るククリヒメノ神の姿は、神と人間の間に立って託宣を受ける「巫女」を連想させます。

 

白山神社にイザナギ・イザナミが併せて祀られているのは、こうした神話に由来するからもしれません。

ククリヒメはあの世と交信する「イタコ」の祖神?

菊理媛神

出典:日本の神々辞典より

 

ククリヒメ神は、加賀の霊峰白山を御神体とする白山比咩神社の祭神で、周辺に住む人々から「いのちの親神」と崇敬されてきた女神です。

 

山が御神体であることから一説には、白山神はオオヤマヅミ神ではないかと言われるように、ククリヒメ神はその本源として山の神の神格を持っています。

 

ククリヒメノ神の原像は、山の神に仕える巫女が神格化されたものと考えられています。日本の民族信仰では、山は祖先の霊が宿る他界であるとされました。

 

そのため山の神とは祖先の霊であり、生活を守ってくれる神でもありました。巫女の役割は祖先の霊の声を聞くこと。つまり祖霊と交信する役目です。

 

死者の霊と交信する女性といえばイタコが連想されます。イタコは山の神に仕える巫女が俗化し、死者の霊との交信を生業として庶民生活の中に溶け込んでいったそうです。

 

生者と死者それぞれの声を聞くイタコは、イザナギとイザナミの意見を聞くククリヒメノ神をイメージさせます。

菊理媛神を祀る神社

白山比咩神社 石川県白山市三宮町ニ105-1
白山神社 宮城県刈田郡蔵王町大字円田字白山28
白山神社 東京都文京区白山5-31-26
朝日山神社 滋賀県長浜市湖北町山本1089
白山比咩神社 山口県岩国市横山2-8-12
白山神社 福岡県糸島市二丈福井4909

その他、全国の白山神社・白山社など

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2022年5月30日(月)


金運や恋愛運など強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

新月と満月の日に祈祷師が作る【金運・恋愛運護符】

※締切日5月29日23時まで