スポンサード リンク

お諏訪さま

 

建御名方命(タケミナカタノカミ)

建御名方神の絵

神格
  • 狩猟神
  • 農耕神
  • 軍神
  • 五穀豊穣の神
ご利益
  • 五穀豊穣
  • 国土安穏
  • 盛業繁栄
  • 交通安全
  • 開運長寿
  • 武運長久

 

スポンサード リンク

お諏訪さまについて

神話「国譲り」で最後まで抵抗した神

「古事記」によると、建御名方神(タケミナカタノカミ)は千人がかりで動かす大岩を軽々と持ち上げる程の剛力の持ち主でした。

 

国譲りの際にアマテラスが送った使者である武甕槌命(タケミカズチノミコト)に対し、自信満々で力比べを挑みましたが、軽々と投げ飛ばされてしまいます。

 

敗れたタケミナカタ神は、出雲国から逃げ出して信濃国(長野県)の州羽(諏訪)の諏訪湖に逃れましたが、追いかけてきたタケミカズチ命に殺されそうになったそうです。

 

タケミナカタ神は国譲りに同意し、この州羽の地から外に出ないと約束し、それ以来諏訪湖のほとりに隠棲したとされています。

 

古事記の内容だけ見るとあまりイメージがよくないですが、これは大和朝廷と地方勢力の政治的な対立を反映した神話とも言われています。

武士の守護神、または農業守護の神

諏訪社の伝承で英雄神の姿で伝えられるタケミナカタ神は、古くからは狩猟神として信仰されてきました。その遺風は鹿の頭を神に捧げる諏訪大社上社の「御頭祭」に残っています。

 

狩猟に使用される弓矢などの武器に宿る精霊ということから連想され、武威にすぐれた神として信仰が始まったとされます。

 

山の神として狩猟を守り、水源の神や風の神として農業を見守ることから地元の人々の生活に深く関係した神霊としての姿が諏訪神の現像とされています。

 

またタケミナカタ神(諏方神)は古来、風の神として有名で、諏訪大社には昔風の平穏を祈る専門職として「風祝(かぜはふり)」と呼ばれる人々がいたそうです。

建御名方命を祀る神社

 
諏訪大社

長野県諏訪郡 下諏訪町上久保5828

大倭物代主神社

兵庫県宍粟市山崎町下牧谷宮ノ谷299

居多神社

新潟県上越市五智6-1-11
その他全国の諏訪(諏方・周方・州波)神社