スポンサード リンク

鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)のご利益と特長

 
『別称』
  • 彦(日子)波瀲武鸕鶿草葺不合尊なぎさたけうがやふきあえずのみこと
『神格』
  • 農業神
『ご利益』
  • 豊作
  • 農業守護
  • 夫婦和合
  • 子宝安産
  • 開運
  • 延命長寿
  • スポーツ上達
  • 芸能上達
関連神
  • 父神:ヒコホホデミ命
  • 母神:トヨタマヒメ命
  • 子神:カムヤマトイワレビコ命
 

スポンサード リンク

鸕鷀草葺不合尊について

大和王朝の初代天皇・神武の父

ウガヤフキアエズ尊という変わった名前のこの神様は、海幸・山幸神話の主人公の山幸彦(ヒコホホデミ命)が、海神の娘と結婚して生まれた子で、のちに大和王朝を建国するカムヤマトイワレビコ命(神武天皇)の父です。

 

名前の由来は、海宮(わたつのみや)で懐妊したトヨタマヒメ命が、天津神の御子は海原で産むことはできないと、海辺に上がってから鵜(う)の羽で産屋の屋根をを葺きはじめましたが、まだ葺き終らないうちに生まれてしまったという故事からきています。

 

ただ、皇室の祖神とされる神々は、いずれも穀物に関する名前(火=穂)をもつのに対して、この神様だけが異質な点が謎の一つにもなっています。

 

その点に関しては、皇室の支配力の大きさを象徴するために、山と海の霊力が合さったこの神様が考えられて、新たに皇祖神の系譜に加えられたという説があります。

 

山の霊力と海の霊力とを合体

『古事記』には、ウガヤフキアエズ尊は養母でもある叔母のタマヨリヒメ命と結婚して、カムヤマトイワレビコ命が生まれたと語られています。

 

母のトヨタマヒメ命は、その正体の大鰐(サメのこと)の姿に戻って出産するところを夫のヒコホホデミ命に見られて、それを恥じて海宮に帰ってしまいました。その後、姉に頼まれてやって来たタマヨリヒメ命に養育されて、成長するとその叔母と結婚したといいます。

 

大和王朝の建国の祖、初代天皇・神武の父というこの神様の出生は、山の霊力と海の霊力が合体したところに特徴があります。つまり、海山の恵みをもたらすエネルギーをつかさどる偉大な神格というのがウガヤフキアエズ尊なのです。

鸕鷀草葺不合尊を祀る神社

 
鵜戸神宮

宮崎県日南市大字宮浦3232

菅生石部神社

石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81−2

宮崎神宮

宮崎県宮崎市神宮2-4-1

知立神社

愛知県知立市西町神田12