スポンサード リンク

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)

 
『別称』
  • 天津日高日子火火出見命(あまつひこひこほほでみのみこと)
  • 火遠理命(ほおりのみこと)
  • 山幸彦(やまさちひこ)
『神格』
  • 穀霊神
  • 稲穂の神
『ご利益』
  • 農業・漁業
  • 畜産守護
  • 商売繁昌
  • 航海安全
  • 心願成就
  • 開運厄除
  • 縁結び
  • 子宝・安産
関連神
 

スポンサード リンク

彦火火出見尊について

燃え盛る炎のような稲穂の生命力

ヒコホホデミ尊は、美人で名高いコノハナサクヤヒメ命が、天孫ニニギ尊と結婚し、一夜の契りで妊娠したことを不倫の子と疑われ、その疑惑を晴らすために産屋に火を放ち、その猛火のなかで出産した三人の息子の末弟です。さらに、ヒコホホデミ命の子はウガヤフキアエズ命(神武天皇の父)で、神統譜では皇室の祖先神として名を連ねているさまです。

 

三人の息子は、長男がホデリ命(海幸彦)、次男がホスセリ命、そして末っ子がホオリ命(山幸彦)で、ヒコホホデミ尊と呼ばれる前のいわば幼名です。

 

兄弟の名前には、いずれも火(穂に通じる)の字が使われていることで、その基本的な性格が示されています。つまり、炎の様子を稲穂の成長過程と結びつけたもので、兄二人はそれぞれ火が明るく燃える、火が激しく燃え盛るという意味です。

 

そして、この神さまの幼名のホオリというのは炎が衰える様子を意味し、稲穂が実って頭を垂れる姿を象徴しています。

 

海神の宮を訪れた山幸彦

ホオリ命やヒコホホデミ尊という名まえは知らなくても、山幸彦と聞いて海幸・山幸神話を思い浮かべる人は多いと思います。昔から日本人に親しまれてきたその物語は次のようなものです。

 

兄の海幸彦は海で魚を捕ること、弟の山幸彦は山で獣を狩ることを得意としていました。あるとき、弟が兄を強引に説き伏せてお互いの道具を交換して獲物を捕ることにしました。ところが山幸彦は、兄の大事な釣り針を失くしてしまいました。もとの釣り針を返せ兄に怒られて困り果てた山幸彦が海辺で泣いていると、シオツチノオジ神が現れて海神の宮に行くことをすすめました。そして竹かごの船に乗って海神の宮を訪れた山幸彦は、海神の娘トヨタマヒメ命に一目惚れして結婚します。そしてたちまち三年が経ち、帰ることにした山幸彦は、鯛が飲み込んでいた釣り針を取り戻し、海神から呪文と塩満玉(しおみつたま)、塩乾玉(しおひるたま)という不思議な呪力をもつ二つの玉を授かって地上に戻りました。その後、兄と対決したとき、弟が授かった呪文で兄をたちまち貧乏にしてしまいました。さらに、それを恨んで攻撃してきた兄を塩満玉で溺れさせて、命乞いをすると塩乾玉で助けて服従を約束させて、めでたく支配者になりました。

この話が浦島太郎の物語のモデルになりました。

 

山海の恵みの支配権を獲得

山幸・海幸の「幸」というのは、狩猟採集時代に海や山の獲物を捕るための道具だった弓と矢、釣り針を意味しています。道具は、狩猟民や漁民にとって豊富な獲物を保証する霊力の象徴でした。その意味で、兄弟は山海の恵みを支配する神さまということになります。

 

若者が海底の竜宮へ行って美しい姫に出会い、神秘的な呪力を得て弱者から強者に変身し、地上に戻って敵対者に打ち勝って支配者になる。同様のモチーフは、海洋民族系統の神話伝承として世界的な広がりをもつものです。一般的になじみのある山幸彦というのは、あくまでもこうした冒険とロマンの英雄像なのです。ただし、それは神社の祭神のヒコホホデミ尊の一面といっていいでしょう。

 

虫除けの神として稲を守る霊力を発揮

海幸・山幸神話は、古代の海人族の伝承がベースになっているといわれています。そこから、古くからあった漁民集団の海神信仰と、海の彼方からやって来る穀霊(来訪神)の信仰が結びついたものが、この神さまの原像だと考えられます。つまり、ヒコホホデミ尊は農業の守護神であるのと同時に漁業の守護神でもあるという二つの性格を兼ね備えているということになります。

 

なお、農業の守護神としてのこの神さまは、稲を食い荒らすイナゴ・ウンカなど、害虫を退治する虫除けの神として崇められています。福井県武生市の大虫神社の祭文には、昔、国中に害虫が大発生して人畜・作物に被害が出たとき、ヒコホホデミ尊の神威によってこれを駆除したと伝わっています。

彦火火出見尊を祀る神社

 
若狭彦神社・上社

福井県小浜市遠敷65-41

箱根神社

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1

南宮大社

岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1

知立神社

愛知県知立市西町神田12

海神神社

長崎県対馬市峰町木坂247

鹿児島神社・白羽神社

鹿児島県鹿児島市草牟田2-58-3

大虫神社

福井県越前市大虫町21-27-1

高千穂神社

宮崎県西臼杵郡 高千穂町大字三田井1037

益救(やくじん)神社

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦277