スポンサード リンク

大山祇神(おおやまづみのかみ)

 

おおやまづみ神

別称
  • 大山津見神(おおやまづみのかみ)
  • 大山積神(おおやまづみのかみ)
  • 酒解神(さけとけのかみ)
ご利益
  • 農産、山林、鉱山業守護
  • 漁業、航海守護
  • 商工業の発展
  • 商売繁昌
  • 試験合格
  • 家庭平安
  • 安産
  • 厄除け
神格
  • 山の神
  • 海の神
  • 酒の神
  • 軍神・武神

『関連神』
 

スポンサード リンク

大山祇神について

山の神の総元締

オオヤマヅミ神は日本の山の神の総元締としてしられる神さまです。民俗信仰の山の神はその山の周辺に暮らす人々の祖霊であり、農業を生業としていれば田の神のような穀霊、山の民にとっては木地や炭焼、鉱山や鍛冶の神さまであるように、日本の山神信仰は様々です。そういう要素をひとつの神格としているのがオオヤマヅミ神です。

 

日本の山の神の総元締といわれるだけあり、神徳も農業、漁業、工業、商工業などの諸産業から、酒造などの文化的な領域まで幅広く及んでいます。山に穴を開けたり削ったりする作業や、谷を塞いでダムを作る際に、山の神の精霊の怒りを鎮めるため守護神としてオオヤマヅミ神を祀っていることが多いそうです。

海の神としても有名

オオヤマヅミ神は別名「ワタシ大神」といって海の神の性格も持ちます。ワタはワタツミ神(海神)のワタ(うみ)のこと、シは司(つかさどる)ことを意味していることから、海を支配する神ともいわれます。

 

オオヤマヅミ神を祀る神社の本拠地である愛媛県大三島は瀬戸内海は芸予諸島の中心で、その近くの芸予海峡は古くから西日本と近畿を結ぶ水運交通の要でした。そのため海の神としての崇敬が篤く、瀬戸内水軍の守護神として、または武門の守護神として崇敬されました。

酒造りの神

オオヤマヅミ神の娘「コノハナサクヤヒメ命」が天孫「ニニギ尊」とと結婚して、「ヒコホホデ命」を生んときにオオヤマヅミ神は大いに喜んで佐奈田の茂穂(よく実った米)お酒(アメノタムケ酒)を作って、神々に振る舞ったそうです。

 

この故事が酒造のはじめと伝えられていることから、酒造の祖神『酒解神』として信仰されるようになりました。

大山祇神を祀る神社

 
大山祇神社

愛媛県今治市大三島町宮浦3327

岩木山神社

青森県弘前市大字百沢字寺沢27

湯殿山神社

山形県鶴岡市田麦俣六十里山7

三嶋大社

静岡県三島市大宮町2-1-5

大山阿夫利神社

神奈川県伊勢原市大山355

梅宮大社

京都府京都市 右京区梅津フケノ川町30

 

全国の三島神社、大山祇神社など