コノハナサクヤビメはどんな神様?描かれる姿とご利益・神社紹介

木花咲耶姫

木花咲耶姫「Art Mochida Daisuke

コノハナサクヤビメとは?

「桜」の美しさとやがて散る儚さを象徴する神さま。鬼からも求婚された美しく誉れ高い女神とされます。『竹取物語』の主人公で、絶世の美女として描かれる「かぐや姫」のモデルともなっています。山の神の総元締であるオオヤマツミ神の娘であり、アマテラス大神の孫のニニギ尊と結婚。火の中で無事に3人の御子を出産し、その三男は山幸彦と呼ばれるホオリノミコトです。ご利益は主に子授けや安産。農業や漁業、酒造業の守護と幅広いです。

祈祷師が満月と新月の日に作成する「金運護符」
名称
古事記

本名:神阿多都比売(かむあたつひめ)
別名:木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)

日本書紀

本名:神吾田津姫(かみあたつひめ)
本名:神吾田鹿葦津姫(かむあたかあしつひめ)
別名:木花開耶姫(このはなのさくやびめ)

播磨国風土記
許乃波奈佐久夜比売命(このはなのさくやびめ)
別称

木花咲弥姫命(このはさくやひめのみこと)
酒解子神(さけとけのこのかみ)

神格
山の神 火の神 酒造の神
ご利益
子授け 安産 航海安全 縁結び
農業守護 漁業守護 織物業守護 酒造業守護
火難消除
関連神
父神 大山津見神(おおやまづみのかみ)
姉神 磐長姫命(いわながひめのみこと)
夫神 瓊瓊杵命(ににぎのみこと)
子神

火照命(ほでりのみこと※海幸彦)
火闌降命(ほすせりのみこと)
火遠理命(ほおりのみこと※山幸彦)

天孫の寿命を左右する結婚

コノハナサクヤビメとニニギ尊

出典:千葉県立美術館『木華開耶姫』

 

『古事記』によると、高天原から降臨した天孫ニニギ尊が吾田の笠沙を歩いているとき、水くみにきていたコノハナサクヤビメ命に出会います。コノハナサクヤビメの美しさに一目惚れしたニニギ尊は結婚を申し込みます。

 

コノハナサクヤビメ命の父神であるオオヤマズミ神は大いに歓び、姉のイワナガヒメ命を一緒に献上します。しかし、イワナガヒメ命は醜い容姿だったため嫌われて返されます。

 

オオヤマツミ神は「娘二人を一緒に差し出したのは、姉は天神の子が命が雪が降り風が吹いても石のごとく永久であることを願い、妹は木の花が咲き満ちるごとく栄えるようにと占って決めたからです。姉が返されたことで天神の子の寿命は、木の花が散るようにはかなくなるでしょう」と嘆いたそうです。

 

このため、歴代天皇の寿命は長久ではなくなったとされます。

 

この話はいわゆる天皇短命説話としてしられているもので、その原型は人の寿命が有限であることを表す死の起源神話と考えられています。

炎の中で子を生む力強い母性

炎の中で子を生むコノハナサクヤビメ

炎の中で子を産む木花咲耶姫

 

ニニギ尊と結婚したコノハナサクヤビメ命は一夜で妊娠します。ところが夫のニニギは「一夜で身ごもるのはおかしい。自分の子ではないだろう」と疑いをかけます。

 

それに憤慨したコノハナサクヤビメ命は、疑いを晴らすべく産屋に入ると出入口を塞ぎ「あなたの子でなければ子供はここで死に、あなたの子ならば無事に生まれるでしょう」と言って自ら火を放ちます。

 

火が勢いよく燃え盛っている時に生まれたのが火照命(ホデリノミコト※海幸彦)、火が衰えたぐらいに火須勢理命(ホスセリのミコト)が、火が静まる頃に火遠理命(ホオリノミコト※山幸彦)が産まれます。

 

猛火の中で無事に出産したことから、コノハナサクヤビメ命は安産の神として祀られるようになります。

 

富士山の神コノハナサクヤビメ命は、民間信仰の子安神と結びつき、子授けや安産の神として庶民生活に密着して広く信仰されています。この神さまが非常に庶民的な顔を持つようになったのは神話に描かれる内に秘めた強靭な母性力にあります。

 

古来、日本では出産を控えた女性が安産を願うという信仰はさまざまな形で広く行われていました。そうした民俗信仰のなかで代表的なものである子安信仰が、神話のイメージと重ねられたのでしょう。

鬼にも求婚されるほどの美しい女神

コノハナサクヤビメ

出典:木花咲耶姫「八百万の神カード」

 

コノハサクヤビメは天孫のみならず鬼にも求婚されるほど美しい女神です。

 

ニニギ尊と出会う前、コノハナサクヤビメの美しさに惹かれていた鬼がいました。鬼はコノハナサクヤビメを嫁にしてくれと父神のオオヤマツミ神に申し込みます。

 

オオヤマツミ神は断りきれず「一夜で岩の御殿を造れたらコノハナサクヤビメ命をやろう」と答えます。

 

鬼は喜んで一晩中働き、鬼の岩屋と呼ばれる古墳を造り上げました。一晩中働き続けた鬼はその疲れからうたた寝を始めます。

 

そこにオオヤマツミ神が現れ、岩屋の石を一つ抜いて遠くに放り投げました。しばらくして鬼が目を覚ますとオオヤマツミ神は「この岩屋は石が一つ足らない」と言ってコノハナサクヤビメをあずけませんでした。

 

ちょっと鬼が可愛そうですね。

 

ちなみにオオヤマツミ神が投げた岩は西都原古墳群のふもとにある石貫であるとされ、後にオオヤマツミ神が祀られ石貫神社とされています。

父神と揃って酒造業の守り神

このはなさくやひめ

 

コノハナサクヤビメ命と父神はオオヤマツミ神は共に酒造の神として信仰されています。

 

『日本書紀』によるとコノハナサクヤビメ命が天孫の子を産んだ時、卜占によって稲田を選び、その田で収穫した神聖な米でオオヤマツミ神が酒を醸造し、三人の御子の誕生を祝ったとされます。

 

このことからオオヤマツミは酒解神(さけとこのかみ)、コノハナサクヤビメ命を酒解子神(さけとけのこのかみ)と呼び、酒の守護神として信仰されるようになります。

 

山は清らかな水の源であり、さらに穀霊神であるニニギ尊の子を生むことは、いい米を作ることに他ならない。そういったイメージが酒造の信仰につながったとされます。

木花咲耶姫の真言・祝詞

かけまくも あやに かしこき 

ふじのあさまのおおかみ の おおまえに 
かしこみ かしこみ も もうさく
きよきこころの まことをさきとし かみよののりをあがめ 
まさにすなおのもともとに かえりよりし 
よこしまの すえののり を すてて
いまかみの みちの たえなるわざを きがんたてまつり 
たたえごとをえ たてまつる このさまを 
たいらけく やすらけく きこしめして
いまも ゆくさきも おおかみ の ひろき あつき 
みたまのふゆ を かがふらしめ
よのまもり ひのまもり に まもり さきわえたまへ と 
かしこみ かしこみ も まをす

引用:藤原北家世尊寺流 神心書道「木花咲耶姫命の祝詞」

コノハナサクヤビメを祀る神社

旭川神社 北海道旭川市東旭川南1条6-8-14
新山神社 宮城県栗原市金成赤児新山前20
産泰神社 群馬県前橋市下大屋町569
大森浅間神社 東京都大田区大森西2-2-7
箱根神社 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
甲斐國一宮 浅間神社 山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684
富士山本宮浅間大社 静岡県富士宮市宮町1-1
静岡浅間神社 静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
梶無神社 大阪府東大阪市六万寺町3-14-31
當麻山口神社 奈良県葛城市當麻1081
木花咲耶姫神社 兵庫県神戸市西区平野町印路字畑屋敷198
木華佐久耶比咩神社 岡山県倉敷市福江1671-4
富士神社 広島県山県郡北広島町大朝4354
椎宮八幡神社 徳島県徳島市南佐古七番町
細石神社 福岡県糸島市三雲432
昊天宮 長崎県大村市宮小路2-537
木花神社 宮崎県宮崎市熊野9508
野間神社 鹿児島県南さつま市笠沙町片浦4109
都萬神社 鹿児島県曽於郡大崎町假宿1589

 

その他全国の浅間神社・子安神社・山神社など

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2022年5月30日(月)


金運や恋愛運など強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

新月と満月の日に祈祷師が作る【金運・恋愛運護符】

※締切日5月29日23時まで