スポンサード リンク

浅間さま

 

木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)

木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)イメージ

『別称』
  • 木花之佐久夜毘売命(コノハナノサクヤビメノミコト)
  • 酒解子神(サケトケノコノカミ)
『神格』
  • 山の神
  • 火の神
  • 酒造の神
『ご利益』
  • 農業
  • 漁業・航海
  • 安産・子授け
  • 火難消除
  • 織物業守護

関連神
 

スポンサード リンク

浅間さまについて

日継ぎ御子を生む神母

コノハナサクヤヒメ命は、山の神の総元締である大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の娘であり、アマテラス神の孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)と結婚して日継の御子を生む母神です。絶世の美女とされ、桜の花が満開になればやがて散るように、この神は美しさと共に花の命の儚さも象徴しています。

 

古事記によると、高天原から降臨した天孫ニニギ尊が結婚を申し込むと、コノハナサクヤヒメ命の父神であるオオヤマズミ神は大いに歓んで、姉の岩長比売命(イワナガヒメミコト)を一緒に献上したそうです。

 

しかし、イワナガヒメ命は醜い娘だったため嫌われて返されました。オオヤマズミ神は

「娘二人を一緒に差し出したのは、姉は天神の子が命が雪が降り風が吹いても石のごとく永久であることを願い、妹は木の花が咲き満ちるごとく栄えるようにと占って決めたからです。姉が返されたことで天神の子の寿命は、木の花が散るようにはかなくなるでしょう」

と嘆いたそうです。このため歴代天皇の寿命が長久ではなくなったと言われています。

炎の中で出産する猛母

天孫ニニギ尊と結婚したコノハナサクヤヒメ命は、一夜で妊娠しました。ところが夫のニニギに「一夜で身ごもるのはおかしい。自分の子ではないだろう」と疑いをかけられてしまいます。

 

それに怒ったコノハナサクヤヒメ命は、疑いを晴らすべく産屋に入ると出入口を塞ぎ「あなたの子でなければ子供はここで死に、あなたの子ならば無事に生まれるでしょう」自ら火を放ち、燃え盛る炎の中で火照命(ホデリノミコト)、火闌降命(ホスセリノミコト)、彦火火出見尊(ホデリノミコト)の三神を産みました。

 

猛火の中で無事に出産したことから、安産の神として考えられるようになりました。

木花咲耶姫命を祀る神社

 
富士山本宮浅間大社

静岡県富士宮市宮町1-1

浅間神社

山梨県笛吹市一宮町一ノ宮1684

静岡浅間神社

静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1

箱根神社

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1

當麻山口神社

奈良県葛城市當麻1081

 

その他全国の浅間神社・子安神社・山神社など