住吉三神

住吉三神

住吉三神(現人神社)より

名称
古事記

底筒之男神(そこつつのおのかみ)
中筒之男神(なかつつのおのかみ)
上筒之男神(うわつつのおのかみ)

日本書紀

底筒男命(そこつつのおのみこと)
中筒男命(なかつつのおのみこと)
表筒男命(うわつつのおのみこと)

別称

住吉神(すみよしのかみ)
住吉大神(すみよしのおおかみ)
住吉大神(すみよしだいみょうじん)
墨江之三前大神(すみのえのみまえのおおかみ)
筒男三神

神格
海の神 航海の神 禊祓いの神 和歌の神
ご利益
延命長寿 縁切り 縁結び 安産
子孫繁栄 家内安全 海上安全
関連神

 

500円からできるメール占い。誰にも知られずあなたの不安や悩みを相談できます。

住吉三神はどんな神さま?

伊邪那岐尊の禊によって生まれた三神の男神

『古事記』によると住吉三神は黄泉の国から戻ってきたイザナギ命が、穢を清める禊をしたときに生まれた神さまです。水底ですすぐと底筒之男神が、中ほどですすぐと中筒之男神が、そして水面でそそぐと上筒之男神が生まれました。

 

この神さまが禊祓(みそぎはらえ)の神としての一面を持つのは、こうした出生の事情と海(潮=塩)に備わる浄化の力からきたものと考えられます。三神ともに航海の安全や漁業を守り、さらに商売繁盛、家運隆盛を約束する海の神として、昔から厚く信仰されています。

 

航海の安全を守護する神

住吉三神は航海の神として神格を発揮してきました。特に有名なのが神功皇后の新羅遠征の伝説です。

 

神功皇后に神懸りした住吉三神は「西方に金銀財宝の豊かな国があるので、それを服属させて与えよう」と神の意思を託宣し、朝鮮半島への遠征をうながしました。

 

それに従い神功皇后は軍船を率いて朝鮮半島へ出征。その海路は住吉三神の守護により無事に朝鮮へ渡り、新羅国を征討して服属させました。凱旋した神功皇后は住吉三神の働きに感謝し、摂津国(今は大阪府)の住吉に社を建てて祀ったとされています。

 

住吉三神は神功皇后とその御子応神天皇(ホンダワケ命)との関わりが深い神です。神功皇后と応神天皇の時代は、大和政権による国内統一が促進され、四世紀後半頃には日本と朝鮮半島の交流が盛んになり、大陸の文化を受け入れ日本が大きく発展した時代です。

 

この時代に住吉三神は大和政権と結びつき、航海を行う人々の精神的支柱として信仰されました。大陸との交通の安全を保証し、先進的な文化の流入を促進する神さまだったのでしょう。実際、遣唐使が盛んに送られていた時代には遣唐船の航海の安全を願い、住吉大社への奉幣祈願が行われていました。

 

住吉三神(日本の神々辞典)

住吉三神(日本の神々辞典)より

 

和歌の神としての顔をもつ

住吉三神を祀る住吉大社では、和歌の神としても歌人の崇敬も集めています。いつからは不明ですが、和歌による御神託があったことが住吉大社の縁起『住吉大社神代記』や『伊勢物語』に記されています。住吉明神の神詠として「むつまじき君は白波瑞垣の久しき世よりいはひそめてき」という詩があります。

 

また、新古今和歌集の撰者である藤原定家の「あいおいの ひさしき色も 常磐にて 君が世守る 住吉の松」という歌も伝わっていることから、平安時代にはすでに盛んだったと考えられます。住吉三神が宣託神として言霊の性格を持つことから、和歌上達の守護神として祈願するようになったとされます。

住吉三神が祀られている神社

住吉大社 大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
住吉神社 山口県下関市一の宮住吉1-11-1
高良大社 福岡県久留米市御井町1
現人神社 福岡県那珂川市仲3-6-20
香椎宮 福岡県福岡市東区香椎4-16-1
鎮西大社諏訪神社 長崎県長崎市上西山町18-15

住吉三神を祀る神社は住吉神社などという社名で、日本全国に約600社あるとされます。

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年11月05日(金)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日11月04日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら