スポンサード リンク

住吉三神

  • 底筒男命(そこつつのおのみこと)
  • 中筒男命(なかつつのおのみこと)
  • 上筒男命(うわつつのおのみこと)
別称
  • 住吉神(すみよしのかみ)
  • 墨江之三前大神(すみのえのみまえのおおかみ)
  • 筒男三神
  • 住吉大神
神格
  • 海の神
  • 航海の神
  • 和歌の神
ご利益
  • 海上安全
  • 漁業・海運・貿易・造船などの業種守護
  • 陸上交通・航空安全
  • 開運招福
関連神

スポンサード リンク

住吉三神について

伊邪那岐尊の禊によって生まれた三神

古事記によると住吉三神は黄泉の国から戻ってきたイザナギ命が、穢を清める禊をしたときに生まれた神さまです。水底ですすぐと底筒男命が、中ほどですすぐと中筒男命が、そして水面でそそぐと表筒男命が生まれたとされます。

 

この神さまが禊祓(みそぎはらえ)の神としての一面を持つのは、こうした出生の事情と海(潮=塩)に備わる浄化の力からきたものとされるそうです。

神功皇后の新羅遠征伝説

神功皇后に神懸りした住吉三神は「西方に金銀財宝の豊かな国があるので、それを服属させて与えよう」と神の意思を託宣し、朝鮮半島への遠征をうながしました。

 

軍船を率いて朝鮮半島へ出征。その海路は住吉三神の守護により無事に朝鮮へ渡り、新羅国を征討して服属させました。凱旋した神功皇后は住吉三神の働きに感謝し、摂津国(今は大阪府)の住吉に社を建てて祀ったとされています。

 

当時、国際化の時代に大陸との交通の安全を保証し、先進的な文化の流入を促進する神さまだったのでしょう。実際、遣唐使が盛んに送られていた時代には遣唐船の航海の安全を願い、住吉大社への奉幣祈願が行われていたそうです。

和歌の神としての顔をもつ

和歌の神としても歌人の崇敬も集めています。『住吉大社神代記』や『伊勢物語』には和歌による神託があったと記されているそうです。

 

また、新古今和歌集の撰者である藤原定家の「あいおいの ひさしき色も 常磐にて 君が世守る 住吉の松」という歌も伝わっていることから、平安時代にはすでに盛んだったことが推測できます。

 

このように住吉三神が託宣神として言霊の性格をもつことから、人々は和歌上達の神さまとして祈願するようになったとされます。

祀られている神社

 
住吉大社

住吉神社の総本社
大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89

住吉神社

山口県下関市一の宮住吉1-11-1
福岡県福岡市博多区住吉3-1-51

高良大社

福岡県久留米市御井町1

香椎宮

福岡県福岡市東区香椎4-16-1

鎮西大社諏訪神社

長崎県長崎市上西山町18-15