天日槍命(あめのひぼこのみこと)のご利益や神社

名称
古事記
天之日矛
日本書紀
天日槍
別称

日桙(ひぼこ)
天日槍命
天日桙命
海檜槍(あまのひぼこ)

神格
太陽神 農業神
ご利益
農業守護 国土開発 子宝安産 開運招福
厄除け 技術向上 必勝祈願 陶磁器業守護
関連神

 

500円からできるメール占い。誰にも知られずあなたの不安や悩みを相談できます。

天日槍命はどんな神さま?

妻を追って渡来した新羅国の王子

名前のヒは太陽のことで、ホコは武器の矛のことです。古代の矛は太陽神の依り代としての機能をもっていました。そこからアメノヒボコ命は、太陽神祭祀の呪具である矛の神霊とされています。

 

そんな性格を持つアメノヒボコ命は、昔、新羅国(しらぎ)の王子として生まれ、一人の美しい女性を追って日本にやって来たと伝わっています。その事情を『古事記』の応神記は、次のように語っています。

 

新羅国にいたときこの神様は、沼のほとりで昼寝をしていた女性の陰部に日光がさして生まれたという、赤い玉から化身したアカルヒメ命を妻としていました。彼女は夫によくつくしていましたが、あるとき心おごった夫から激しく罵られたため、「自分の親のもとへ帰ります」といって小舟に乗って日本へ渡り、難波の比売許曽(ひめこそ)神社(大阪市東成区)に戻りました。妻のあとを追って日本に渡ってきたアメノヒボコ命は、難波に向かいましたが、海峡の神に行く手を塞がれていたので諦めて、仕方なく但馬たじま(兵庫県出石地方)に上陸して住み着き、やがてその地の女性と結婚したそうです。

 

こうしたアメノヒボコ命の物語は、古代の新羅と日本の交流を示すものです。『日本書紀』の垂仁天皇の三年春三月の条には、新羅系渡来民の集団との関わりをうかがわせる話が記されています。

 

それによると、日本に来たこの神様が、最初に住んだのは播磨国(現在の兵庫県宍粟郡)で、のちに宇治川をさかのぼって近江国の吾名邑あなむら(現在の滋賀県長浜市あたり)から若狭国(福井県)を経て但馬国(兵庫県)の出石にたどり着いて、そこに定住したと記されています。

 

その遍歴の足跡にあたる地域は、渡来系の人々の影が濃い土地でもあります。最後に住んだ但馬国(たじまのくに)では、国土開発の祖神として大いに霊力を発揮し、今日でも厚く信仰されています。

 

太陽神を宿らせる矛の神霊

日本に渡来するときアメノヒボコ命は、貴重な神宝を携えてきたといいます。

 

『日本書紀』垂仁天皇春三月の条には、羽太の玉(はぶとのたま)と足高の玉、赤石(赤く輝く玉)、刀、矛、鏡、熊の神籬(ひもろぎ)一式の七種と記されています。

 

羽太の玉(はふとのたま)
足高の玉(あしたかのたま)
鵜鹿鹿の赤石の玉(うかかのあかしのたま)
出石の小刀(いづしのかたな)
出石の桙(いづしのほこ)
日鏡(ひのかがみ)
熊の神籬(くまのひもろき)

 

これら神宝は太陽神を祀るための呪具です。鏡は太陽神を象徴し、神籬は神が降臨して宿るためのもので、とりわけ刀や矛は、太陽神の依り代としての機能をもつ呪具です。

 

神話のなかで日矛(ひぼこ)という言葉が最初に出てくるのは、天岩戸(あめのいわと)神話です。そのときは太陽神アマテラス大神を洞窟の中から誘い出す儀式において、重要な役割を果たしています。

 

こうしたことから、矛をはじめとする神宝一式は、太陽信仰をもつ渡来系民族の人々が日の神を祀るときの祭儀用の道具と考えられます。

 

その呪具と同じ神名をもつアメノヒボコ命は、本来、太陽神を祀る呪具の神格化で、実質的には太陽神としての神格を備えているといえます。

 

海上の風波を鎮める呪具

その昔、海を渡って日本にやって来たというアメノヒボコ命は、海と関係の深い神さまでもあります。

 

『古事記』によると、この神がもってきたのは八種の神宝だとしています。その中身も、玉が二個、波振比礼(なみふるひれ)、風切比礼(かぜきるひれ)、奥津(おきつ)鏡、辺津(へつ)鏡といったもので、『日本書紀』の記述とは異なっていると同時に、こちらは海の神に通じるための呪具という意味合いが強いのが特徴です。

 

浪振る比礼(なみふるひれ)
浪切る比礼(なみきるひれ)
風振る比礼(かぜふるひれ)
風切る比礼(かぜきるひれ)
奥津鏡(おきつかがみ)
辺津鏡(へつかがみ)
珠 2貫

 

「比礼」というのは、薄い肩掛け布のことで今でいうショールのことです。古代には、これを振ると呪力を発し災い除くと信じられていました。

 

この神宝セットのテーマになっているのは、風を鎮め、波を鎮め、湾や海岸の霊を慰撫するといったことで、いずれも海に関わるものです。そこから波風を支配し航海や漁業の安全をつかさどる神霊を祀る呪具としての機能がうかがえます。

 

おそらくこうした機能は、もともと海人族(漁民)の信仰していた海の神(あるいは風の神)の信仰と、アメノヒボコ命の信仰が結びついたものでしょう。

 

アメノヒボコ命を祭神とすることで知られる兵庫県の出石神社は、この神が新羅からもってきた八種の宝物を御神体「出石八前大神(やまえのおおかみ)」としています。

 

『播磨国風土記』ではオオクニヌシ命と国土争いをしたと書かれています。子孫の田道間守(たじまもり)はお菓子の神様として崇められています。

天日矛命を祀る神社

陶器神社 滋賀県甲賀市信楽町長野1151-1
鏡神社 滋賀県蒲生郡竜王町鏡1289
出石神社 兵庫県豊岡市出石町宮内99

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年11月05日(金)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日11月04日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら