スポンサード リンク

大国さん

大国主命(おおくにぬしのみこと)

大国主神イメージ

『別称』
  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 大物主神(おおものぬしのかみ)
  • 葦原醜男(あしはらしこを)
  • 八千矛神(やちほこのかみ)
  • 幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)
  • 所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)
  • 杵築大神(きづきのおおかみ)
『ご利益』
  • 縁結び
  • 子授
  • 夫婦和合
  • 五穀豊穣
  • 病気平癒
  • 産業開発
  • 交通、航海守護
  • 商売繁昌
『神格』
  • 国造りの神
  • 農業神
  • 商業神
  • 医療神
  • 縁結びの神

神使:ねずみ

大国主神の神使はねずみ

『関連神』
  • 父神:スサノオ尊(古事記)
  • 妻神:ヤガミヒメ命・スセリヒメ命・ヌナカワヒメ命・タギリヒメ命・カムヤタテヒメ命・トリミミ命

スポンサード リンク

大国さんについて

様々な名前をもつ神さま

因幡の白兎の話、根の国訪問の話、ヌナカワヒメへの妻問いの話や、国作り、国譲りなどの話など、オオクニヌシ命には多くの話があります。

 

また様々な別称があり、八百万の神々の中でもこれほど多くの呼び方をされる神さまはいません。名前が多いということは、それだけ多様な性格を持っており、力も強力であるといえます。

 

オオクニヌシ命が縁結びの神として人気があるのは、美男で大変な艶福家であるということでしょうか。結婚した女性は自分の兄弟と争って得たヤガミヒメ命、スサノオ尊の娘のスセリヒメ命、ヒスイの精霊ヌナカワヒメ命、宗像三女神のタギリヒメ命、コトシロヌシ命を生んだカムヤタテヒメ命、ヤジマムジノ命の娘のトリミミ命と6柱。子供は古事記に180柱、日本書紀では181柱と書かれています。

 

別名の多さや、妻子の多さはオオクニヌシ命が広い地域で信仰されていた事を示します。信仰の広がりと共に各地域で信仰されていた土着神と統合されたり、もしくは子どもや妻の位置づけされた事を意味しているそうです。

大黒天と習合し財福の神さまに

オオクニヌシ命は神仏習合の際、仏教の守護神の大黒天と習合されました。以降「ダイコクさま」と呼ばれるようになり、大きな袋を担いで打出の小槌を持ちながら、米俵に乗っている七福神の「大黒さま」と同一視されるようなりました。

 

大国さまの使いはネズミ、そしてオオクニヌシ命がスサノオ尊の試練の際にネズミに助けられたことでネズミは神使として扱われています。

神の怒りを鎮める役割

オオクニヌシ命の武力的、呪術的な神格を用いて出所不明の神などが祀られている神社に勧誘される場合が多いそうです。小さな集落などで時には氏子が断絶し廃社に至った神社もあり、こうした場合に本来の祭神が不明になることが多く、復興する際に本来祀られていた神の祟を鎮める意味合いから、強力な神格を持つオオクニヌシ命が配されることがあるそうです。

オオクニヌシ命を祀る神社

 
出雲大社(いずもおおやしろ)

大社系神社の総本社
島根県出雲市大社町杵築東195

大神神社(おおみわじんじゃ)

奈良県桜井市三輪1422

気多神社(けたじんじゃ)

石川県羽咋市寺家町ク1

大和神社(おおやまとじんじゃ)

奈良県天理市新泉町306

北海道神宮

北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

酒列磯前神社(さかつらいそざきじんじゃ)

茨城県ひたちなか市磯崎町4607-2

 

その他全国の出雲、伊豆毛、出雲伊波比、出雲大神宮、大己貴、大己貴遅、大穴持、大名持、大御和、兵主、子神社など