淤加美神(おかみのかみ)

淤加美神

淤加美神「Art Mochida Daisuke

名称
古事記
淤加美神(おかみのかみ)
日本書紀
龗神(おかみのかみ)
別称

高淤加美神(たかおかみのかみ)
闇淤加美神(くらおかみのかみ)
貴船神(きふねのかみ)

神格
水の神 雨乞いの神
ご利益
祈雨・祈晴 農水安全 商売繁昌 夫婦和合
関連神

日本神話「神産み」においてイザナギ命がカグツチ神を斬り殺した際に生まれたとされている。

 

500円からできるメール占い。誰にも知られずあなたの不安や悩みを相談できます。

淤加美神はどんな神さま?

日本の代表的な水の神さま

日本神話ではイザナギ神がカグツチ神を斬り殺した際に生まれたとされる神さまです。タカオカミ神とクラオカミ神は同一の神、または、対の神とされ、その総称がオカミノ神とされます。

 

タカオカミ神とクラオカミ神は一緒に祭神とされていることが多く、『古事記』では同神とされていますが、『日本書紀』の一書第六には、イザナギ命がカグツチ神を切った時にその血からクラオカミ神が生まれたとあり、一書第七ではタカオカミ神が生まれたとあるので出自に関しては曖昧です。

 

しかしそれぞれの神名を見ると、タカオカミ神の「高」は高い峰・天といった意味で、一方のクラオカミ神の「闇」は鬱蒼とした緑に覆われ、日中なのに暗い渓谷をイメージさせます。山に降った雨はやがて谷を下って川となり野を潤すことから、峰から下る渓流に宿る神霊という性格がうかがえ、役割は谷の水をつかさどることと考えられます。

 

神名の「龗(おかみ)」は雨(水)をつかさどる龍神の意味。タカオカミ神とクラオカミ神の二柱を合わせて源流の神と考えられます。

 

淤加美神

たかおがみ(山崎朝雲)作

 

稲作と関係の深い雨乞いの神

日本には数多くの雨乞いの神さまがいます。有名な神社の祭神から、民族信仰の無名の神さままで含めれば相当な数になるでしょう。そのなかでも代表的なのがこの水の女神タカオカミ神です。

 

水の神はその性格によって様々で、井戸神、灌漑用水の神、漁業の神、火難よけの神など特徴があります。タカオカミ神の雨乞いの神としての神格から考えると、稲作と深く関係する雨水の神、つまり水田に利用される水をつかさどる機能と見れます。

 

全国に分布する雨乞社、雨の宮、雨降社などの神社は、ほとんどが雨の神を祀っていたもの。元は名もない川の神や雨の神として個々に独立した神さまとして祀られていたものが、やがて水の神として神格を与えられるようになります。それがタカオカミ神の本来的な姿と考えることができます。

 

民俗的な水の神は、雷神や龍神として信仰されていますが、タカオカミ神の原像は、美しい女性に化身して人間の前に現れる龍神(蛇神)か、その神に仕える巫女の神格化と思われます。

 

朝廷に崇敬された祈雨、祈晴の神

タカオカミ神を祭神とする神社は京都の貴船神社を本源とする貴船社系を中心に全国に分布する雨乞い信仰の神社など約三百社にのぼります。貴船神社は古く朝廷から祈雨、祈晴の神として崇敬され、水の神とし農業、醸造、染織、料理飲食、浴場などの業種の関係者から信仰を集めています。

淤加美神が祀られている神社

深見神社 神奈川県大和市
賀久留神社 静岡県浜松市西区神ケ谷町4279
白龍神社 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目8−14
貴船神社 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
丹生川上神社(上社) 奈良県吉野郡川上村大字迫869-1
丹生川上神社(下社) 奈良県吉野郡下市町長谷1-1

その他の貴船神社、意加美、意賀美、雄神と名がつく神社

 

貴船社の祭神はタカオカミ神とされていますが、古書などにはクラオカミ神ともミズハノメ神ともいわれています。タカオカミ神はクラオカミ神と一緒に祭神とされていることが多く、『古事記』ではでは同神とされています。

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2021年11月05日(金)


金運や恋愛運を強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

※締切日11月04日23時まで
「金運上昇」「商売繁盛」「一攫千金」の金運護符はこちら

「恋愛成就」「浮気防止」「結婚成就」の恋愛護符はこちら