スポンサード リンク

大山咋神(おおやまくいのかみ)

 

大山咋神の写真

別称
  • 山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)
  • 山王権現(さんのうごんげん)
神格
  • 比叡山の地主神
  • 天台宗の護法神
  • 諸産業振興の神
ご利益
  • 諸産業繁栄
  • 家系繁栄
  • 厄除け
  • 開運
関連神
  • 妻神:セヤダタラヒメ
  • 子神:ホトタタライスケヨリヒメ
 

スポンサード リンク

大山咋神について

丹塗矢伝説で有名な神

神話伝承のなかでもオオヤマクイ神は丹塗矢(赤く染まった鏑矢)に化身する神霊として知られています。山の神であるオオヤマクイ神が、美しい勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)を見初め、トイレに入った時に丹塗矢となってセヤダタラヒメのほとを突きます。

 

驚いたヒメが床へその矢を持って行くと、矢は麗しい男性となり2人は結婚します。そして生まれた子は富登多多良伊須須岐比売(ホトタタライスケヨリヒメ)は、後に神武天皇に見初められ結婚します。

 

【山城国風土記】では松尾の神(オオヤマクイ神)が丹塗矢に化身し、タマヨリヒメ命のもとを訪れ結婚してカモワケイカヅチ命が生まれたとされます。

比叡山の山の神が全国に広がった理由

オオヤマクイ神はもともと比叡山の山の神(地主神)で、延暦寺の鎮護神とされています。延暦寺都の縁は伝教大同士・最澄が比叡山の山頂に延暦寺を創建したときに、古くからこの山の地主神として鎮座していたオオヤマクイ神を寺の鎮護神としたことに始まるそうです。

 

その時からオオヤマクイ神が鎮座する日吉大社を、最澄が渡った唐の天台山国清寺の山王祠ににちなんで「日吉山王」と呼ぶようになったそうです。

 

その後は仏教風に日吉権現、山王権現と呼ばれるようになりました。最長の天台宗との結びつきによりその霊威が全国に広がったとされます。

祀られている神社

 
日吉大社東本宮

全国の日吉(日枝)山王神社の総本山
滋賀県大津市坂本5-1-24

松尾大社

京都府京都市西京区嵐山宮町3

日枝神社

東京都千代田区永田町2-10-5

 

その他全国の日吉(日枝)神社、松尾神社