スポンサード リンク

賀茂大神のご利益と神社

 
別称
  • 賀茂大神(かものおおかみ)
  • 加(可)茂別雷神
神格
  • 治水神
  • 農業神
ご利益
  • 諸災厄除け
  • 開運
  • 祈雨・止雨
  • 河川、農事、産業守護
関連神
 

スポンサード リンク

賀茂別雷神はどんな神さま?

丹塗矢伝説で知られる神さま

カモワケイカヅチ神は本性が雷神であり、農業に関係する雨と治水を司る神とされます。神名の雷は「神鳴り」を意味しており、「別雷」とは「若い雷」、すなわち若々しいエネルギーを備えた神鳴りということになります。古来、雷神は水をつかさどる龍神としてイメージされてきたように、雷は雨をもたらす力を持ち、水をコントロールすることで農作物の恵みをもたらす霊力を発揮します。

 

カモワケイカヅチ神は父はオオヤマクイ神、母がタマヨリヒメ命で、その基本的な性格が雷神ええあることを示すのが『山城国風土記』逸文の丹塗矢の逸話です。タマヨリヒメ命が父のカモタケツヌミ神(京都・下鴨神社の祭神)と一緒に、鴨川の上流にあたる石川の瀬見の小川で水遊びをしていた。すると上流から赤く塗られた美しい矢が流れてきた。それを拾ったタマヨリヒメ命が家に持ち帰えると、やがて身ごもって男の子が生まれました。その子が成人した時、父親が誰なのかを知るために占いをしました。すると、その子が屋根を突き破って天に上がっていってしまった。それで雷神の子であるとわかったそうです。母のタマヨリヒメ命は流れる川の水の神を祀る巫女の神格化とされます。カモワケイカヅチ神は雷神と同時に、治水の神としての霊力も備えていることになります。

 

平安京の守り神となって霊威を高める

カモワケイカヅチ神が大いに神威を発揮したエピソードが、賀茂祭の起源を記した『山城国風土記』に残っています。それによると、欽明天皇の時代のこと、天候不順に災いされて作物の成育が悪く、農民の憂いが激しいことを心配した天皇が神官に占わせたところ、賀茂大神の祟りであることがわかりました。そこで、ただちに賀茂大神の祭祀をおこなった結果、天候不順はなくなり、晴雨のリズムが回復し、無事に五穀が実って豊作となったそうです。それ以来、賀茂神は祈雨止雨、河川治水、さらに農業、産業の守護神として崇敬を集めるようになっとされています。

 

その後、桓武天皇の平安遷都の際に平安京の守り神とされました。新都が造営される時には、その土地に宿る神(産土神)に敬意が払われます。朝廷の厚い崇敬を受けたことにより、カモワケイカヅチ神の霊威がさらに高まりました。当時から続く朝廷による祭祀の様子を今日にとどめるのが、毎年5月に行われる葵祭です。

 

ちなみに京都の賀茂社といえば、昔から賀茂別雷神社(上賀茂神社)とカモタケツヌミ神を祭神とする賀茂御祖神社(下鴨神社)の二社をさすのが通例とされます。

賀茂大神を祀るな神社

 
賀茂別雷神社

京都府京都市北区上賀茂本山339

賀茂神社

福井県福井市大森町

加茂神社

群馬県桐生市広沢町6-333

加茂神社

高知県幡多郡黒潮町入野

 

その他全国の賀茂(加茂)神社・雷神社・雷電神社など