スポンサード リンク

若宇加能売命(わかうかめのみこと)のご利益や特徴

 
別称
  • 若宇迦能売命
  • 廣瀬多忌神(ひろせおおいみのかみ)
神格
  • 水の神
  • 穀霊神
ご利益
  • 五穀豊穣
  • 祈雨
  • 厄除け
  • 無病息災
  • 農事の悪水・悪病・害虫よけ
 

スポンサード リンク

若宇加能売命について

大和(奈良県)の廣瀬神社の祭神

廣瀬神社は曽我川、大和川、飛鳥川など大和盆地を流れる河川が一点に合流した場所に祀られています。こういった場所に祀られる神は川の神(水神)がほとんどです。古くから河川の流域に暮らす人々は、河が氾濫しないように川の神に祈ってきました。廣瀬神社も洪水の危険性がある大和川の力に恐れ、畏怖して祀られたそうです。川がもたらす災害を防ぐことは、作物が無事に実ることを保証する事にもなります。

 

社伝によると、崇神天皇9年に広瀬の里長である廣瀬臣藤時に託宣があり、水足池という沼地が一夜にしてタチバナが多く生えたとされます。そのことが天皇に伝わり、その地に社殿を建てて祀ったことがはじまりとされるそうです。

 

豊受大神の分身とされる神

ワカウカノメ命は神話には登場しない神さまですが、ルーツは伊勢神宮外宮の祭神「豊受大神(とようけのおおかみ)」の分身とされています。アマテラス大神に捧げる食物を司る神で神名のウケ(ウカ)は食物を意味しています。名前に「ウカ」のついた神さまはウカノミタマ神やウケモチ神がいます。この共通性からもワカウカノメ命が穀霊神的な性格を備えていることがわかります。

若宇加能売命(わかうかめのみこと)を祀る神社

 
廣瀬大社

奈良県北葛城郡河合町大字川合99