スポンサード リンク

天穂日命(あめのほひのみこと)

 
『別称』
  • 天之菩卑能命(あめのほひのみこと)
『神格』
  • 稲穂の神
  • 農業神
『ご利益』
  • 学問上達
  • 受験合格
  • 縁結び
  • 農業・養蚕守護
  • 国土開発
  • 産業振興
関連神
 

スポンサード リンク

天穂日命について

交渉相手に心服してしまう軟弱な姿

アメノホヒ命は、高天原のアマテラス大神の子ですが、地上の出雲国(島根県)と非常に縁の深い神様です。とくに、その出雲に関わる部分でこの神様には、二つの異なった姿が伝えられているのが大きな特徴です。

 

『古事記』の国譲り神話は、出雲国の支配者オオクニヌシ命が、高天原の天神に支配権を譲り渡すまでの経緯を、様々なエピソードとともに述べた物語です。ストーリーは、高天原の最高司令神アマテラス大神が、オオクニヌシ命に譲渡を迫る交渉役として、次々に使者の神様を地上に派遣するというかたちで展開します。

 

その第一番目の使者として登場するのがアメノホヒ命です。

 

ところが、この神様はその役目を失敗してしまいます。地上に降ったアメノホヒ命は、オオクニヌシ命に会うとすっかり心服してしまい、みずからの使命を忘れて地上に住みついて、三年経っても高天原にはなんの報告もしなかったといいます。

 

『古事記』に記されているこんな姿から、アメノホヒ命は役目をサボタージュする意志薄弱の不忠義者のイメージが漂ってきてしまいます。が、もう一つ別な姿もあります。

地上の悪神どもを鎮める偉大な神

アメノホヒ命は、出雲国の有力豪族の出雲氏の祖神です。

 

出雲氏は古代に出雲東部を本拠地とした一族で、大和朝廷に服属してからは出雲臣(いずものおみ)と呼ばれ、代々出雲国造(いずものくにのみやつこ)を務めて出雲地方で勢力をふるっていました。

 

その出雲氏に関係する『出雲国造神賀詞いずものくにみやつこかむよごと』に、この神様がアマテラス大神から地上の悪神を鎮めることを命じられたことが記されています。

 

『出雲国造神賀詞』とは、出雲氏が国造に任命されて朝廷に挨拶に参上して、臣従の意思を証明するときに述べる誓いの言葉です。賀詞(よごと)というのは、本来、有力な神霊に服従した精霊が、服従を誓って祝福を述べる祝詞(のりと)のことです。

 

それによると、国譲りのとき地上に派遣されたアメノホヒ命は、地上を駆け巡ってその様子をアマテラス大神に報告。さらに、自分の息子のアメノヒナドリ命と剣神フツヌシ命を派遣して、みごとに地上の乱れを平定したといいます。こちらではきちんと使命を果たして、地上世界を平定した偉大な神様であることが強調されているのです。

勢いよく実る稲穂の姿

アメノホヒ命は、アマテラス大神とスサノオ尊が誓約(うけひ)のときに、大神の身に付けていた八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)から生まれた神、つまり大神の子です。神名のホは秀・穂、ヒは火を意味し、「生命力が火のように燃え盛る秀でた稲穂」を表しています。

 

一般に各地方の豪族の祖神とされる神様は、その地の国土開発・産業振興の神としての性格をもち、さらに人々の生活全般の守護神として信仰されていることが多いです。この神様も同様で、今日でも農業・養蚕・木綿の神様として、出雲という地方的な枠から飛び出して各地に祀られています。

 

子孫に相撲の神様ノミノスクネ命、そのまた子孫には学問の神様の菅原道真がいます。

天穂日命が祀られている神社

 
桐生天満宮

群馬県桐生市天神町1-3-4

亀戸天神社

東京都江東区亀戸3-6-1

深川神社

愛知県瀬戸市深川町11

八王子宮

高知県室戸市浮津二番町66

出雲伊波比神社

埼玉県入間郡毛呂山町岩井西5-17-1

綿向神社

滋賀県蒲生郡日野町村井711

天穂日命神社

鳥取県鳥取市福井字・宮ノ谷361

枚聞神社

鹿児島県指宿市 開聞十町1366