交通安全のご利益をもつ神さま

猿田彦命

猿田彦命

猿とも天狗ともいわれる怪奇な風貌をしている神様。天孫降臨の際に神々の先頭に立ち導いたことから道の神、交通安全の神として有名です。

 

猿田彦命の詳細と神社はこちらです

日本武尊

日本武尊

ヤマトタケルは東国に西国に、陸路・海路を開きながら国土平定を成し遂げた日本神話の英雄。旅の安全や交通安全の神徳があり、古くから信仰されています。

 

日本武尊の詳細はこちらです

宗像三女神

宗像三女神

スサノオ尊とアマテラス大神の誓約によって生まれた三女神。古くから海の守護神として信仰されています。大陸と交易が盛んになった四世紀末、朝鮮半島へ向かう朝廷の使者は必ず宗像三神に航海の安全を祈願したとされます。海上安全・航海安全のご神徳があります。

 

宗像三女神の詳細はこちらです

饒速日命

饒速日命

アマテラス大神の孫神。大神から十種の神宝を授かり天磐船(飛行船)に乗って、河内国の河上の地に天降ります。空の神様として航空安全を神徳を持ち篤く信仰されています。

 

饒速日命の詳細と神社はこちらです

住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)

住吉さん

黄泉の国から帰ってきたイザナギ神が「禊」を行った際に生まれた三柱。神功皇后の三韓出兵では守護神とされ、航海の安全を守る海の神として昔から厚く信仰されています。

 

住吉三神の詳細はこちらです

交通安全のご利益がある神社

大麻比古神社

大麻山は古来より船舶航行の目印とされ、山頂のの峯大神は交通安全の神として信仰されます。
祭神:猿田彦命
住所:徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13

太平山神社

境内の交通安全神社では猿田彦命(さるたひこのみこと)をお祭りしています。
祭神:猿田彦命
住所:栃木県栃木市平井町659

一宮貫前神社

事故にあわず「無事帰る」と願いが込められた交通安全お守り「無事カエル」がいただける神社。
祭神:経津主神
住所:群馬県富岡市一ノ宮1535

速谷神社

車を買ったら速谷さんといわれるほど有名。全国から参拝にくる全国有数の交通安全祈願の神社。
祭神:飽速玉男命
住所:広島県廿日市市上平良308-1

宗像大社

交通安全のお守り発祥の社とされます。古くから交通安全の信仰があり、全国各地より参拝に訪れます。
祭神:宗像三女神(田心姫神・湍津姫神・市杵島姫神)
住所:福岡県宗像市田島2331

羽田神社

航空業、航空関係者が崇敬する、空の安全や航空安全のために祈願する神社。
祭神:須佐之男命・稲田姫命
住所:東京都大田区本羽田3-9-12

谷保天満宮

1908年8月1日に行われた日本初のドライブツアーの目的地となった神社。交通安全発祥の地として交通安全祈願に多くの人が訪れます。
祭神:菅原道真公・菅原道武公
住所:東京都国立市谷保5209

息栖神社

鹿島神宮、香取神宮とともに「東国三社」の一社。交通守護のご霊格の高い天鳥船神と住吉三神を祀ります。
祭神:岐神・天鳥船神・住吉三神
住所:茨城県神栖市息栖2882

住吉大社

奈良時代では、遣唐使が海を渡る際には必ず住吉大社で安全の祈願しました。航海関係者から厚く崇敬され、交通安全を祈る神社として古くから信仰されています。
祭神:住吉大神
住所:大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89

吉田神社

歴史がある茨城県水戸市の鎮守。ヤマトタケル尊や住吉三神、速秋津彦命が祀られることから交通安全、航海安全の守護神として信仰されます。
祭神:日本武尊
住所:茨城県水戸市宮内町3193-2

新月と満月の日だけに作られる護符

夜空に浮かぶ満月

次回の満月は2022年5月30日(月)


金運や恋愛運など強力に引き上げる祈祷師が作る強力な「護符」。一人ひとり専用に作成するため20名限定となっています。

新月と満月の日に祈祷師が作る【金運・恋愛運護符】

※締切日5月29日23時まで